生きもの魅力発見!マダコも実は持ってるよ。

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

今回はダイビングで愛してやまない越前の海を潜りたおされている常連さんからタコについての質問が来まして、調べている内に興味が沸いてきたので今回の主役はマダコさんです!!

毒を持つタコと言えば?

タコは磯遊びでも見かけることが出来るマダコや深い深海に生息するメンダコなど世界各地色んな所に住んでいます。その中には勿論危険なタコも存在します。

皆さん毒を持っているタコと言えば何を想像されますか?

大抵の方は夏頃になるとニュースを騒がしたりするアイツ

ヒョウモンダコを思い浮かべると思います。
※興奮させると浮かび上がる青い斑点模様が特徴ですね。

ふぐ毒と同じテトロドトキシンを持ち、運悪く咬まれてしまうと呼吸困難に繋がる麻痺を引き起こしたり、心停止になる危険性もあったりして死亡例もいくつか報告されています。

浅瀬でも目撃されるので恐いですね。
※記事によっては元々持っているものでは無く、フグを食べた時に毒を体内に蓄積するとも書いてあるのですが実際はどうなんだろう?

とにかく触らない事が大事ですね。

 

んっ!!マダコさんじゃないですか?
どうしたんですか?

(*゚Д゚*)ェ…マダコさんも毒持ってるの!?

マダコの毒『チラミン』『セファロトキシン』

そう、普段たこ焼きなどにして食べているあのマダコも実は立派な毒持ち危険生物!!

毒の名前は『チラミン』と『セファロトキシン』なんと2種類の毒をお持ちなんです!

マダコは普段餌としているカニなどの甲殻類や貝類を発見したら唾液腺に含まれるチラミンを注入して麻痺させてから食べます。
※貝の場合は歯舌(しぜつ)と呼ばれるおろし金のような歯で貝殻に穴をあけて毒を注入します。

貝殻が落ちてて小さい穴が開いてたらマダコの仕業かも。

マダコに噛まれてチラミンが体内に入ると命に別状はありませんが、

・軽く痺れる
・ちくちく痛む
・患部の腫れが2~3ヶ月ひかなかった

などの例があります。
※因みにタコの吐く墨にもチラミンが含まれているそうです。

OW(ダイビングのライセンス)の学科でもマダコは噛み傷が危険と習いますが、実は毒も持っていたとは…

マダコさん、侮る無かれ。

((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタカタカタ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事