マヒトデは穴掘り名人?

水族館のふれあいコーナーに行けば
100%会えると言っても過言ではないくらい
人気の生き物ヒトデさん。
そんなヒトデの仲間の中には
変わった食事方法をもつ子がいますが、
(例えば罠を使うイトマキヒトデ)

今回はマヒトデの食事方法について
ご紹介させて頂きます。
マヒトデ(キヒトデ)

マヒトデの大好物は・・・

マヒトデの大好物はアサリなどの貝類が大好物!
貝が住んでいる砂地を移動して、
貝類を捜しまわります。

でも、基本貝類は砂や泥の中に潜っているので、
姿が見えないはずだけど、
どうやって探し当てるんだろう?

貝類を見つける・捕獲する

一体どうやってマヒトデは貝を探し当てるのか?
と言うと、

貝からはアミノ酸などの化学物質が出ていて、
それを感知して位置を特定すると考えられています。

口の真下(体の中心)に貝が来るように位置を調整したら、

ななな、なんと管足(人間で言う足のような物)を
使って器用に掘り進むのです。

そして仕上げは管足の吸盤を貝にくっつけて
引っ張り上げちゃいます。
これで無事に捕獲完了♪
種によっては25cmも掘ったとの情報があります

まとめ

穴を掘って貝類を捕獲するなんて驚きですね。

他にもマヒトデと同じように穴を掘って
貝類を捕獲するヒトデの仲間がいて

穴を掘って貝類を捕獲するヒトデの仲間
__マヒトデ科
_ユルヒトデ科
ゴカクヒトデ科 など

が知られているようです。
(参考:ヒトデガイドブック)

のそのそと砂地を歩いていたマヒトデが
動きをピタッと止めた場面に出会えたら、
貝を探し当てて穴掘りを始める
貴重な行動を見られるかもしれないですね(。゚ω゚) ハッ

マヒトデが止まった所に貝潜む

なぎさひろい いのこ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事