生きもの魅力発見!カワハギ の縞(しま)模様が濃い子・薄い子

さかなクイズ「カワハギ」答えあわせ

体の縞模様が『濃い』固体と『薄い』固体の違いは?

答えは・・・③
『濃い』固体は強い、『薄い』固体は弱い

自然界では違いを見比べるのは
難しいかもしれませんが、
水族館や自宅で飼育されている方の
水槽を覗けば、それぞれの固体の
縞(しま)模様をじっくりと観察する事が
出来るので分かりやすいです。
ぅん!!“((o(・Д・o*)コクリ

縞模様が『濃い』固体は強い存在の表れ、
つまりカワハギ界のボス的存在です。
一方の縞模様が『薄い』固体は気弱な存在の表れ、
人間で言う草食形な存在です。
なので、濃い固体とばったり出くわすと、

濃い:おう、道開けろ(#`Д´)ノゴルァァァァァ!!
薄い:(;ω;*)ゴ・ゴメンナサイ、今退きますのでどうぞ!!

と道を譲ることがあるそうです。
※すごい謙虚ですね…
そして、一番違いが分かりやすいのが
『餌』の時間(´-ω-) ぅぃ
真っ先に食べにくるのがもちろん
『濃い』固体です。
なので、是非水槽で飼われている方が
いらっしゃいましたら、
謙虚な『薄い』固体が
・しっかりと餌を食べているのか?
・『濃い』固体にいじめられていないか?
見てあげて下さいね。((*゚Д゚)ゞ ハイ

※M先輩、カワハギの写真ありがとうございました♪

なぎさひろい いのこ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事