生きもの魅力発見!ネンブツダイは頼まれ事が断れない!?

前回の『ネンブツダイ』についてのクイズ

関連記事

正解は…2番

・子育て中に卵でいっぱいの口を
もごもごさせている姿が
お坊さんが念仏を唱えているようだから

でした。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

さて、このネンブツダイですが

卵を守るのはお父さんであるオスの役目

6月~9月が産卵期になり、

この時期にペアとなったオスとメスは

産卵と放精を行い、

その後オスが卵塊を咥えて

約8日間口内保育します。((*゚Д゚)ゞ ハイ

その間は一切食事をせず

稚魚が産まれるまで大事に守り続けます。

無事に子供達が旅立つと、

腹ペコお父さんは無我夢中で食事に没頭します。

そして、元気いっぱいになったら

より多くの子孫を残す為に

またメスとペアになり口内保育を繰り返します。

しか~し、これは『成功例』であって

『失敗例』もあると言う方もいらっしゃいます。

その運命の分かれ道は一体どこにあるのか!?

それは、口内保育が終わってからの

『食事中』にあります。

約8日間飲まず食わずなので、

食事に没頭するのは当たり前なのですが、

大慌てで食べる理由には

『体力回復』以外の理由が関係しています!!

それが…『メスにお願いされると断れないから』

だそうです。(;´゚Д゚)ゞ困ッタナ…

つまり、食事中に

子孫を残したいメスと出会ってお願いされると

メス :そこのキミ、卵守って♪

オス:良いよ!!(えっ…まだ腹ペコなんだけど…)

メス:じゃ、お願いねΣd(゚∀゚d)

オス:はい、頑張ります!!(もう、ダメかも…)

となるオスがいるかもしれないね~

との事です!!

本当かどうかは

ネンブツダイのみぞ知る。

今まではダイビング中にネンブツダイを見かけたら

『卵見せて~』ってワクワクしながら近寄ってたけど、

痩せこけたオスが守ってたら餓死しないか

心配で見る目線が変わっちゃうかも…

お父さん、断る勇気も必要ですよ。((*゚Д゚)ゞ ハイ

なぎさひろい いのこ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事