イシダイ「オス・メス」違い・見分け方は体の模様と黒い口!?

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

今回はイシダイ『オス・メス』の違い・見分け方について写真やイラストを使いながら書いてみました。

オスとメスの違い(見分け方)は体の模様!?

皆さんイシダイを頭に思い浮かべてみて下さい。

イシダイ「オス・メス」違い・見分け方は体の模様と黒い口!?

想像したイシダイの体には黒い横線模様がありませんか!?

そう、まさにそこが見分けるポイントなんです!!

イシダイのオス♂の特徴!?

イシダイのオス♂『クチグロ・ギンワサ』の特徴

写真の子はトレードマークの模様が尾びれの方にだけぼんやりと見える程度で消えて銀色の体色になっています。

このように、大きくなるにつれて縞模様が消えてしまったのがオス!

 

イシダイのオス♂『クチグロ・ギンワサ』の特徴

さらに、体色が銀色に見えるため『ぎんわさ』と呼ばれたり、

 

イシダイ「オス・メス」違い・見分け方は体の模様と黒い口!?

口が黒くなるので『クチグロ』と呼ばれることがあります。

イシダイのメス♀の特徴!?

イシダイのメス♀の特徴

大きくなっても縞模様がはっきりしているのがメス!
※ただし、幼魚の頃と比べると不明瞭になるとのこと。

 

イシダイのメス♀の特徴

黒い線がしっかり残っていますね。

この違いを知って潜ると、今まで『あっ、イシダイだ!』と思っただけだったのが、『あっ、このイシダイはオスだな』『メスは居ないのかな!?』『おっ、ペアが揃った!!』など、見方が変わって面白さが倍増するかもです♪

 

イシダイ「オス・メス」違い・見分け方は体の模様と黒い口!?

是非、ダイビングなどのうみ遊びや水族館に遊びに行ったときにイシダイと出会えましたら、特徴を思い出して性別を見分けてみてくださいね。

イシガキダイとの交雑個体もいる!?

イシダイと同じスズキ目イシダイ科の仲間に、イシガキダイと言うサカナがいます。

 

イシダイに似ているイシガキダイとイシガキイシダイの存在

沿岸岩礁地を好み、イシダイに比べると南方方面にも多く進出しています。

同じ科で住む環境も似ているせいか、イシダイとイシガキダイの交雑個体の情報が図鑑に載っていました。
※交雑個体のことをイシガキイシダイと呼ぶみたいです。

性別以外にも、体の模様を見て、あれっ…なんか変だな?と感じたら、交雑個体の可能性を疑ってみてください。

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事