こんにちは、いのこです。

週初めの7月1日(月)

憧れの中野さんたちと潜る前に、

1人で『おはようスノーケリング』で

越前の海を1番乗りで泳いできました。
※おはようスノーケリングとは、
僕が名付けた
朝に泳ぐスノーケリングのことです。

シロウミウシ

 天気が良い日の浅場は

目線を少し変えると、水底に

“ゆらめく虹”を眺める事が出来るんです♪

はぁ~、キレイだな~♪

落ち着くな~

なんて思いながらまったりしてる時が至福の時間(笑)

それで、今回のおはようスノーケリングで

1番楽しかった出来事がこちら↓

野生のキヌカジカとのふれあい体験♪
※動画は名前を間違えてアナハゼになってます。

他の動画はこちらをチェック

 

優しく、ゆっくり近づくとこんな風に

野生の子と触れ合う事が出来るんです。

ただ、魚にも『性格』があり、

警戒心の強い子もいるので、

そう言った子には、

無理に触ろうとしてしまうと

『人間は怖い生きもの』

と誤解をされてしまうので、

良い距離感を保ったまま

観察してあげて下さいね。

※これは僕の主観なので、
本当に誤解をするかは
『魚のみぞ知る』です。(笑)

 

ダイビングの世界ではよく

『生きものは触っちゃダメです!』

と言う話を聞くのですが、

僕は無理やり触ろうとしたり、

掴んだり、握ったりするなど

生きものに対して『被害』が大きい行為は

もちろんダメですが、

『触る行為』自体はダメではない

と思っています。

ただ、その考えには

触ろうとする生き物が

危険なのか? 危険ではないのか?

元気なのか? 弱っていないか?

怯えていない? など

相手の事を知ったり、

考えた上で触れ合う事が

根本にあって、大切にしています。

なので、みなさんも

自然の生きものと触れあう時には

相手の事を知ったり、

考えたりしながら、

触れあってみて下さいね。

それがお互いに良い関係性を作る

第一歩で~す!

なぎさひろい いのこ

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事