背中がかゆいヨウジウオ!?碧南海浜水族

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


碧南海浜水族館に期間限定で展示されている珍しい白いマナマコを見に行きましたら、背中がかゆい?ヨウジウオと出会えました。

その子が、体を曲げている一生懸命背中をかこうとしている様子が可愛くてほっこりした1日でした

背中をかくヨウジウオの可愛いしぐさを動画で見てみてよう♪

ほんと、一生懸命で可愛いな~

アマモ水槽の中で飼育されていました。

紅白ナマコが同居人!?

ヨウジウオが居たアマモ水槽で白ナマコも飼育中。

シロナマコ(碧南海浜水族館)
この体色すごくない?

シロナマコ(碧南海浜水族館)
はんぺんみたい(笑)

でも、ほんとかわいい♪こんな真っ白なマナマコが見れるなんて幸せ者だなー

赤ナマコ・白ナマコ(碧南海浜水族館)
通常の赤ナマコと比べると、白いのが分かりやすいですね。

いつまで展示されているのかな?また見に来よ!

優雅な泳ぎのあの子が見やすい!?

ヒメオニカサゴ(碧南海浜水族館)
毒を持つヒメオニカサゴ

このゴツゴツ感が、なんか良い!好きなんですよね。

こうやって間近で見ると、うみで野生の子とも会いたくなってくるな。

他にも色んな生きものたちがいた中で、僕がうれしかったのがこの子

ハナミノカサゴ(碧南海浜水族館)
ミノカサゴとハナミノカサゴの2匹。

模様が濃い子・薄い子と個性があって、写真の子は顎(アゴ)下の模様がダルマさんみたいな感じでカッコ良い!

ミノカサゴの仲間は模様を眺めるのが面白いですね。

ミノカサゴとハナミノカサゴ(碧南海浜水族館)
それに、ミノカサゴとハナミノカサゴの違いをじっくり観察したいのと写真も撮りたかったので、明るいライトで見やすかったここの展示はうれしかったです♪

2種の違いについては別記事に書いてみましたので、見ていただけましたらうれしいです♪

水族館情報

碧南海浜水族館

水族館情報
‹水族館名›
碧南海浜水族館
へきなんかいひんすいぞくかん
‹住所›
愛知県碧南市浜町2番地3
‹入館料›
大人500円、子供200円
JAF会員などのカード提示で割引あり
‹営業時間›
9時~17時

外には広大なビオトープもあって、カワバタモロコなどの日本に住む貴重な淡水魚(たんすいぎょ)が保護されていたり、野生のトンボやヤゴも見れたりするので、観察するとおもしろいですよ~

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事