生きもの魅力発見!サメ肌はアレの集合体だったのか!?

サメクイズ「サメ肌と同じものってなんだろう!?」答え合わせ

サメの体を触ってみるとザラザラしていて、
これをサメ肌と呼んでいます。
さて、このサメ肌と同じような構造をしているものが
サメの体の中に他にもあるのですが、それはなーんだ!?

メジロザメ

答えは・・・①の歯でした。

サメの鱗(うろこ)は象牙質をエナメル質が
覆(おお)っていて、構造が歯と似ています。

ぎっちりと密集してます!

メジロザメ

サメ肌

この小さな歯のような鱗が積み重なっているおかげで
水の抵抗が少なくなり、海中を燃費良く泳くことが
できるみたいです。
ちなみに、この鱗には名前があって
楯鱗(じゅんりん)と呼びます。

ふれあい方を変えるとサラサラに!?

サメ肌は後ろ(尾びれ)の方に向かって
尖っているので、
メジロザメ

後ろから前へさわると→ザラザラ
前から後ろへさわると→さらさら

と言った感じでさわり心地が変わるんです!
ぜひ、水族館のふれあいコーナーにサメがいたら、
両方試してみて、さわり心地が本当に変わるのか
確かめてみると面白いですよー

生きもの魅力発見!サメ肌はアレの集合体だったのか!?まとめ

サメは全身に小さな歯が
生えているなんて不思議だな~
発想がすごい独特で面白い♪

サメ肌の拡大図が気になられた方は
ネットで検索してみると、
実物の写真が見れますよー

他にもクイズを作っていますので、
楽しんでいただけるとうれしいです。

 

なぎさひろい いのこ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事