クマノミの顔
こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

クマノミ

クマノミ界の元祖『クマノミ』さん。

三重県、和歌山県、沖縄など多くの場所に生息していて、住み家になっているイソギンチャクの場所を現地ガイドさんは把握していて僕たちに教えて下さるので、気軽に会いに行けるアイドル的な存在!なのに、顔はちょっぴり怖い強面💦

もしかして怒ってます!?

クマノミの正面顔口元が怖さを引き立てている感じ?

でも、角度をちょびっと変えてあげると・・・

 

クマノミの顔

ちょっぴりかわいくなった(*´ω`*)

出会った時は見る角度が大事ですね!

ふしぎな魅力が盛りだくさん!?

そんなクマノミさんには不思議で魅力的な生態をたくさんお持ちで、

魅力その①
クマノミは3つの型に分けられる!?
(本州型・沖縄型・小笠原型)性別を見分けるオスの特徴で型を判別出来る!?

⇩ 詳しくはこちらを見て頂けるとうれしいです。

魅力その②
クマノミの性転換はどっちが先!?
オス→メス? or メス→オス?
卵を守る係と外敵に威嚇する係はオスとメスどっち!?
肉食系と草食系!?
性格の違いで威嚇が変わる?

⇩ 詳しくはこちらを見て頂けるとうれしいです。

身近な生きもの元祖『クマノミ』さんの魅力を
沢山見つけました。

クマノミの生態『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域』などの情報について

分類

スズキ目
ベラ亜目
スズメダイ科
クマノミ亜科
クマノミ属
クマノミA.clarkii種

学名

Amphiprion clarkii
または
yellowtail clownfishなど

英名

Clark’s anemonefish

大きさ

オス→最大約10cm
メス→最大約15cm

生息地・生息域・分布域

千葉県以南
インド
太平洋
浅場岩礁地やサンゴ礁でイソギンチャクに共生

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事