減圧症(潜水病)実体験。発症後の気付きと学び

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


いよいよ2日目が始まった。

今日も3ダイブを潜る予定で限界点は昨日と同じ7m前後に設定。

海況情報
日程__:2018年8月16日(木)
天候__:くもり
気温__:30℃
水温__:28℃
水面__:おだやか
場所__:福井県丹生郡越前町梅浦
利用施設:ダイビングセンターログ

症状の変化

耳の痛みはもう気にならなくなっていたが、体の至る所に違和感が発生していた。

体に感じていた症状
足首全体の痺れ・親指と薬指にピリピリとした痛み
腕に痺れと痛み
背中・手首のつけ根・みぞおちあたりにつねられたようなチクチクした痛み

どうやら症状は徐々に悪化してきているように感じる。

それにしても、痛む場所が移動するのはなんでだろう?
気泡になった窒素が血流にのって移動するからなのか?

激しい腕の痛み

色々な症状が出る中で僕が1番辛かったのは腕だけに発生している特殊な痛みで、何とも言えない重く、ズンとした痛み。かなりキツイ。

他の症状は陸上で悪化するのに、腕の痛みだけはなぜか水中で悪化していた。

この痛みは時間の経過とともに激しくなるので、水深を浅くしたり、水面に戻っても、痛みが和らぐことがなかったのが厄介。

この痛みから逃れるためには陸にあがるしかなかった。

最低な考えとダイビングを楽しむ原点

2本目では、痛みがかなり強くなった。

お客さんがウミウシを見つけたので前を泳いでいる僕を呼んでくれた時、

何を見つけたんだろう?っていうワクワクした気持ちと同時に

マジか…戻りたくないな。

とも思ってしまった。最低だ。

見に行くと、お客さんがハイテンションでシロウミウシを紹介してくれて、そのかわいい笑顔を見た時に思わず嬉しくなった。

エキジットした後にも、

あのウミウシ可愛かったね~
ちょっと変わってたね~

って軽く会話をした時に

ああ、そうなんだよ!こうやって同じ生きものを見て、話して、共有して、これがダイビングの楽しみなんだ!

お客さんと一緒に楽しむダイビングに最も必要で大切なことを再認識させてくれました。ありがとう。

今すぐ帰りたいと思った気持ち

最後の3本目はアシスタントで潜る。

ここでも、貴重な自分の気持ちの変化を感じる事が出来た。

今までの僕はダイビングが楽しくて、潜っていると時間が経つのが早いな~と毎回思っていたけど、初めて少しでも早く陸に帰りたい…とも思ってしまった。驚きだった。

こんな気持ちになったのはそれだけ腕の痛みに耐えるのが辛く、早くこの痛みから逃れたかったから。

ダイビングを楽しめない自分がいた。

それでも続けた理由

そんな中でも最後まで潜る事が出来たのは、お客さんたちと最後まで一緒に潜りたい!楽しみたい!と言う気持ちが強かったから。

お客さんがいるからダイビングをもっと楽しめるし、頑張れる。

僕がインストラクターであり続けるためのにお客さんはかけがえのない存在なんだと、より一層感じた。

次回はスノーケリング&スキンダイビング

素潜りは大丈夫なのかな?

つづきへ  1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事