減圧症(潜水病)実体験。発症後の気付きと学び

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


減圧症の治療が終わった翌日2018年8月24日(木)

体の痛みを感じる頻度や強さは明らかに弱まっていた。すごいね、高気圧酸素治療。

今日は僕が担当しているスノーケリングのレッスンがあったので治療は様子見にしたが、僕と一緒に治療を受けていた2人は帰りに高気圧酸素治療を予約されていたので、今日も受けているだろう。

僕も念のため、受けていたら良かったのだろうか?気になる所だ。

プールでの症状の変化は?

治療前はプールに入っていると痛み始めたので、治療後の今日はどうなのか?ドキドキしながらプールの中へ入り、腰まで水に浸かってみる。

うん、今の所は問題なさそう。

水面を12mほど往復で泳いでみる。

うん、これも問題なさそう。

次は水底に寝そべってみる。

おっ、これも問題なし。

出始めは良好、良い感じだ。

その後は、お客さんに治療をしてきた事、治療前と後の違い、現在の状況を伝えてから初めた。

レッスンの途中からはピリッとした痛みを胸辺りに感じる事はあったが、治療前の時と比べると一目瞭然で症状はだいぶ和らいでいた。

良かった、これでレッスンは普段通りに出来ると一安心。

海は明日から3日間連続であったが、台風の影響で明日と明後日は中止になった。

なので、次の海は3日後にあるスノーケリングの予定。海でも問題なく出来るかな?

今回の減圧症を再発した。まとめ

減圧症になると、台風が近づいたり大雨が降ったりすると体に強めの痛みを感じ始める。

気圧の変化に過敏になっているからかな?そのおかげで台風や〇〇前線など、気圧に関係する事は体が教えてくれるようになりました。

つづきへ  1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事