減圧症(潜水病)実体験。発症後の気付きと学び

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


2018年8月31日(金)
今回は、三重県三木浦町の海でマンツーマン体験ダイビングの予定だった。

僕はアシスタントなのでスノーケリングをしながら撮影に専念した。

現在の状況は?

前回の26日(日)のツアーから今日で5日後、その間に陸上やスイミングプールのレッスン中に痛みや違和感を感じる事は、ほぼ無くなっていた。

後は海だけだね。

スノーケリング(海)で症状の変化は?

海へと入ると、今までとは違う変化を感じた。

前回のツアーでは入水してすぐに、腕に症状が出始めたのに今回はそれがない。
※詳しくはこちら

あの重い痛みを腕に感じないんです。

これは良い兆し♪……….なのかな?

どちらにせよ、症状が良くなってきているように感じれたことが素直に嬉しい。

その後は水面を泳ぎながら写真や動画を撮り、途中途中で腕を擦ったりして違和感はないか?ふと気になった時に確認をしていた。

後半(入水してから20分後くらい)に腕に違和感(筋肉が張っているような?)を感じた。

でも、重い痛みはなかった。

これはすごい進歩なので、かなり嬉しい。

痛みが発生したがうれしさを感じる。

時間が経つにつれて違和感が少しずつ強くなってきていたので、

これ、午後は痛みが出そうだな~

と嫌な予想をしていた。

そして、午後に予想通り重い痛みを両腕に感じた。

強さで言うと5くらいかな。

我慢できないほどじゃないのでそのまま続行をして、無事にアシスタントを終えた。

今日は症状の改善に向けて動いているのをかなり感じれた1日だった。

この調子で行けば、スノーケリング(海)も問題なく出来るようになれる日も近い気がして、先が少しだけ見えてきた。

今回の減圧症を再発した。まとめ

やはり、減圧症の症状はプールと海では違う。

海の方が体が敏感に反応をする。なんでだろ?

思い当たる事は3つ

疑問と予想
室内(プール)と室外(海)の違い
→外の方が気圧の変化があるのかな?
淡水(プール)と海水(海)の違い
→塩分濃度が、体の負担に関係する?
プール(水着)と海(ウェットスーツ)の違い
→ウェットスーツの圧迫感が影響している?

やはりプールだけではなく、海にも出掛けて様子を見てみないと、どこまで体調が戻ってきているのかを判断する事が出来ない気がした。

最初から海で様子見もありだが、いきなりは不安な方・手順を踏まえて様子を見られたい方は、

海が不安・手順をふまえて復帰したい方
先ずはスイミングプールなどで症状が無くなるまで様子を見る。
『慣れ親しんだポイント』『信頼できるガイドと一緒に』海で様子を見る。

と言う流れがやはり良いと思います。

当たり前だけど、これが1番。

精神的な不安が大きいので、海では慣れ親しんだポイントや信頼するガイドと一緒に様子を見る事が、とても大切。

さて、現在日本列島に台風21号が迫ってきている。

この強力な台風は僕の体にどんな影響を与えるのか?出来れば痛むのは勘弁してほしいな~

つづきへ  1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事