減圧症(潜水病)実体験。発症後の気付きと学び

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

今回は減圧症を再発した事で僕なりに気付いたことを書いていこうかなと思います。

減圧症になって気付いたこと

減圧症の症状には違いがありますので一概には言えませんが、僕が気付いたのはタイトルにもある通り、減圧症は治療後にも怖さがあるんじゃないか?ということ。

もちろん発症した時にも怖さや不安がありますが、治療後の方がより強く感じました。

その理由は、『終わりが見えなかったから』

治療後すぐに症状がなくなることはない

減圧症は早急に高気圧酸素治療(再圧チャンバー)を受ければ治すことが出来ると考えていたのですが、実際は治療をしても症状が残ったまま様子見になりました。

なので、僕の中での再圧治療の主な意味とは主に2つあると思います。

高気圧酸素治療の意味
原因の泡を排除する手助けをして症状を和らげる。
治療中に症状を感じる事で減圧症に疾患しているんだと実感する事。

不安や辛かった事

治療後の症状や気持ちの変化は今までの記事に書いてあるのですが、治療をしたのに症状が残っている事はかなり怖い。

いつまで続くんだろう?
本当に治るのかな?
後遺症で残るんじゃ?

台風の接近、車での移動中など、色々な事が原因で減圧症の症状を感じるたびに、そんな不安が押し寄せてきます。

そして、今回特に辛かったのはスノーケリングでも苦しんだ腕の重い痛みかな。

あれは、心を折ってきた。

この先ずっと、痛みが治まらなかったら仕事は辞めないといけないな…と深刻に悩んだ時期もありました。

なにせ、水面でダメでしたからね(‘-д-;)ゞ

続けたい気持ちが大事!

でも、やっぱり

インストラクターとして活動していきたい!
ダイビングをしたい!

と言う思いは強く、

諦めたくなかった事、プールや海で体の変化や様子を確認できる環境が整っていた事、色んな事が繋がっていたおかげで順調に進む事が出来ました。

でも、これがきっと、お客さんの立場だったらダイビングから離れてしまっていただろうなと思います。怖いからね。

今回の減圧症を再発した。まとめ

 

減圧症になって気付いたこと

減圧症は発症した時も怖いが治療後にも怖さがある。

再圧治療をしたからと言って直ぐに症状が無くなる事は無い。

再圧治療の意味は完治ではなく原因を排除して症状を和らげる事、治療中に感じる症状により減圧症に疾患したんだと確認するため。

ダイビングに復帰するには強い意志が必要になる。

悩みすぎは良くない。

色々書きましたが、経過を見て、症状が良くなっている事に気付いたりすると『ダイビングに復帰できるかもしれないワクワク感』を感じれて楽しくなってきます。

なので、慌てず、ゆっくり症状の変化を確認していくことのが1番大切ですね。

そして、この実体験はインストラクターとして、貴重な経験をさせてもらってるなと思っています。

減圧症への印象、大変さ、辛さ、お客さんと一緒にうみ遊びができる楽しさや喜びなど、たくさんの発見がありました。

もし、減圧症に悩んでいる方で、僕にお手伝いできることがあれば精一杯サポートさせていただきますので、遠慮なく問い合わせや各種SNSなど、なんでも良いので連絡をいただけましたらさいわいです。

つづきへ  1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事