こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

静岡県にあるダイビングスポット大瀬崎で復帰プログラムを参考にして潜ることにした。※復帰プログラムは山見先生のHPから確認することができます。

今回のダイビングはこんな感じ

海況情報・ダイブプロフィール
日程___:2019年3月15日(金)
天候___:晴れ
気温___:14℃
水温___:17℃
水面___:おだやか
透明度__:12m
場所___静岡県沼津市西浦大瀬崎
利用施設_:はまゆうマリンサービス
エントリー:10時43分
エキジット:11時_8分
最大水深_:9.2m
平均水深_:5.4m
潜水時間_:15分
安全停止_:10分

事前準備を怠らず

減圧症のリスクを最小限にするために、次のことに気をつけてみました。

水分不足対策

僕が発症した大きな原因の1つと感じています。なので2Lのペットボトル(水)を2本購入し、車での移動中からこまめに飲み、もちろんダイビングの前後にもしっかり補給しました。

冷え対策

体が冷えると窒素の吸収・排出に影響があるため、安全停止の最中に体が冷えていると窒素の排出が間に合わなくなる可能性が高くなります。そこで、温かいインナーやフードを被るなどをして、なるべく体温の低下をおさえてみました。

休息時間

帰りは高速を使うので、できるかぎり水面休息時間を長くしました。今回は6時間以上経ってから高速を使って帰りました。

大瀬崎の外海へ

今日の午前中は風向きが良かったので、外海で潜ることに。

減圧症(潜水病)復帰に向けてダイビング

波もなく穏やかなので復帰に最適なコンディション♪

慌てずに器材を背負ったら、スロープをてくてくと歩いていく。

水際までついたらマスクを装着し、そこから水面が腰高くらいの高さになるところまで移動をしたら、フィンを履いて準備完了。いよいよ海へと潜る。

心臓の鼓動が気になってきた…やっぱりプールと違って少し怖いかも。気を引き締めていこう。

深度変化はゆるやかに

減圧症に罹患(りかん)したダイバーは圧力変化に過敏になっていると聞く。

なので、深度変化をゆるやかにすることを心がけてもぐった。

まずは水面が腰高の高さの位置から潜降して水底に膝立ち、そして腹ばいになってみた。

その状態で呼吸を繰り返す。

幸いこの時期にしては水温が17℃と高かったので、体の冷えは問題ない。

呼吸はどうか?大丈夫、落ち着いていて問題はない。

今日は半年ぶりのダイビングだったので、海中にうつ伏せの状態で目の前に広がった光景に目を奪われた。

泳ぎ回るメジナの群れ、岩のすきまから顔を出すウツボ、太陽の光で輝くゴロタ石、どれも懐かしく、そして心地いい雰囲気に癒される。

心臓の鼓動も気にならなくなってきたので、緊張もほぐれてきたみたい♪

そのまま水底ぎりぎりを泳ぎながら水深を1m深くして、その場で少し留まって様子見を繰り返しながら目標にした水深10mを目指す。

安全停止を10分にした3つの理由

7~8分ほどかけて10mに到着したら、水底に着底して休憩をする。

今のところ、痺れ、痛み、気分が悪くなることはなかった。

少し泳ぎ回っていると15分になったので、ここからは浮上を始めていく。

少しずつ水深を浅くしていき、今回は5m付近で安全停止を10分行うことにした。

3分で止めなかった理由には主に3つある。

安全停止を長くした理由
3分よりも10分行うことで安全性を向上できると思った。
※10分以上行うと逆に危険性が増すという情報があったので、最大10分にした。

震えるほどではないが体温が低下しているために窒素の排出量が少なくなっている可能性があった。

時間に余裕がある潜水計画を立てていた。

減圧症(潜水病)復帰に向けてダイビング
ダイブコンピューターを見て水深と時間を確認しながら10分の安全停止を行い、終わってからも水面まではさらに注意深く、浮上スピードに気をつけながらエキジットした。

よく安全停止が終わると油断をして、そこから水面までスーッと上がっていくダイバーを見かけることがありますが、水面~10m間が圧力の変化が最も大きく危険なので、最後まで油断大敵です。

今回の減圧症を再発した。まとめ

海と言うことでかなり緊張はしたが、無事に終われて良かった。

今の所、体に痺れや痛みが発生するなどの症状は出ていないので、復帰プログラム1日目は成功だと思う。

今回潜ってみて、今まで以上に浮上スピードのことや深度変化に意識ができた。

次回は4月にホームグラウンドの福井県越前町で潜ってみます。

つづきへ  1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事