減圧症(潜水病)実体験。発症後の気付きと学び

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


2019年3月から復帰プログラムを始め、現在はガイド業を復帰して潜っているのですが、あることが気になりましたので、潜水病の第一人者である山見先生に問い合わせをしてみました。

頭痛は減圧症の後遺症!?

復帰してからというもの、減圧症に罹患する前と後で、ある変化がありました。

それは、ダイビング後から数日間(主にダイビング翌日の朝から)片頭痛で気分が悪くなることが多くなったこと。

毎回ではないのですが、かなりの頻度でダイビング後の片頭痛に悩まされています。ちなみに、飛行機に乗ったあとにも同じく生じることがありました。

この片頭痛の特徴としては、大体1~3日ほど経つと落ち着くこと。

そこで、減圧症は後遺症が残ることがあることは知っているのですが、片頭痛も後遺症に関係するのか?気になりましたので相談してみました。

片頭痛の対処法

減圧症の後遺症でダイビング後に頭痛を感じることはあるのか?
減圧症にかかると、ダイビング後、頭痛を生じやすくなる。多くは、減圧症の再発ではなく、片頭痛ということになる。

どうやら、後遺症に片頭痛は関係するらしい。対処法についても教えていただきました。

片頭痛の対処法について
対応としては、鎮痛薬を内服する。ときには片頭痛薬(イミグランなど)を服用したほうが改善率が高い場合もある。
これからは、ダイビング後の対応として必要であれば鎮痛薬を服用できるように常備しようと思います。

減圧症の可能性がある頭痛の見分け方

減圧症の症状の1つに頭痛があります。

減圧症再発の可能性がある頭痛の見分け方は、

減圧症が原因の頭痛とは!?

減圧症の頭痛は、脊髄障害(脊髄型減圧症)として現れることがある。脊髄型減圧症による頭痛の多くは、『後頭部が重い、または鈍痛、または覆われたような感じがする』などの症状として現れる。

これは、首の脊髄から分布した細い神経が、後頭部に分布するため。なので、頭痛による痛みが後頭部を中心として現れる場合は、脊髄障害の後遺症を疑って識別する必要がある。

僕の片頭痛はこめかみ部分が痛むことが多いため、減圧症が再発して発生しているわけではないと思われます。

なので、僕と同じようにダイビング後から片頭痛に悩まされている方は、主にどのような症状が現れているのかを確認してみてください。

今回の減圧症を再発した。まとめ

減圧症は再発する可能性も高いので、罹患した前と後で何か変化を感じることがある場合は、相談することが大切です。

もし、お医者様に相談することが苦手だったり、1人で背負い込んでしまったりするのであれば、僕が変わりに専門医さんに問い合わせして聞いてみることもできますので、遠慮せずに連絡してくださいね♪関係なかったら、良かった~って安心できますし、自分の気持ちが楽になる方法を一緒に探していきましょうね(*^^*)

1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事