減圧症(潜水病)実体験。発症後の気付きと学び

三重県でダイビングをした後から異変が始まりました。

海況情報・ダイブプロフィール
日程___:2017年11月4日(土)
天候___:晴れ
気温___:23℃
水温___:23℃
水面___:おだやか
透明度__:6m
場所___:三重県尾鷲市三木浦町
利用施設_:三木浦ダイビングサービス
ポイント_:ナナコのダボ
‹1本目›
エントリー:_9時47分
エキジット:10時32分
最大水深_:16.6m
平均水深_:10.8m
潜水時間_:45分
安全停止_:3分
水面休息_:1時間18分
‹2本目›
エントリー:11時50分
エキジット:12時38分
最大水深_:15.8m
平均水深_:10.8m
潜水時間_:47分
安全停止_:3分

 

体に感じる症状の変化

潜った後は異常なし、すごく元気。

あれ見たね~
この子可愛かったですね~

なんて話をながらログ付けをして、現地サービスの弁当を食べて帰る。

帰りの道中も中盤までは全く問題なかったが、異常を感じ始めたのが御在所SAでの休憩中だった。

歩いている時は気づかなかったけど、ふと立ち止まって足元を見ると、ふらついて倒れそうになる。

あれっ?なんか変だな?

少し歩いた後に立ち止まってもう一度足元を見てみると、やはり倒れそうになる感じがあった。

えっ、なにこれ? 大丈夫かな?

段々と不安になるが、そのまま助手席に座って愛知へ帰る。

うっ、だんだん吐き気も出てきて、気持ち悪い。

愛知についてお客さんを見送ったら、急いで自分の車に乗り、シートを倒して休憩。

その後、家まで帰ろうと車を走らせたが症状がどんどん悪化していったため、途中にあった道の駅に車を止めた。

異変の始まりは回転性のめまい

まるで遊園地のコーヒーカップに乗っているみたいに、視界がぐるぐると右から左へ回転する。

体を起こすことも出来なくて、すごく怖い。

どうなるの?大丈夫なの?

ずっと自問自答を繰り返すけど、不安は消えない。

疲れが原因かもしれないから寝ればきっと治るだろう…そんな考えが頭を支配したので、とにかく寝る事に。

何とか眠りに着く

起きる

めまいで気持ち悪い

寝る

を繰り返した。

次の日の昼頃まで横になっていたら、回転性のめまいはなくなったので、家に帰る。

だだし、体は凄く怠く、片頭痛、意識がぼ~っとする。

今回の減圧症を発症した。反省点

今にして思えば、回転性のめまいが発生していた時点で救急車を呼ぶべきだったかも。

こんな事で救急車を呼んだら迷惑かも…と考えてしまい、救急車を呼ぶ事を躊躇したのがダメでした。

遠慮せずに呼べば、この後の対応がかなり違っただろうに。

つづきへ  1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事