減圧症(潜水病)実体験。発症後の気付きと学び

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


2017年11月19日(日)
前回のダイビングから2週間後、朝起きた時は少し頭痛があったが海へ着いた頃には治まっていた。

しかし、不安はあったので、何か違和感があったら中止する!と肝に銘じながら2ビーチダイビングしたが、何か違和感が出る事もなく無事に潜り終えた。

翌日も問題なく過ごしていたが、19時頃から異変が始まった。

突如鳴りだした耳鳴り

頭痛が突如発生、数分痛みが続いた後は徐々に治まり始め痛みが完全に感じなくなった頃…ピーっと甲高い音が右耳に聞こえる。

えっ…これって耳鳴り?なんで?

すごく気になる嫌な音だ。

この日以降、耳鳴りが治まった事は無い。

次々に感じる違和感

耳鳴りが発生した日から3日後の22日(水)

右手にズキズキするような痛みが発生!

結構な痛さだったが、1時間ほど経つと治まったが、違和感は残っていた。

翌日の23日(木)も右手に違和感を感じ、右手首のつけ根、小指と人指し指の関節などに時折痛みがある。

これ、減圧症の症状だよね…

痛みを感じるごとに不安がどんどん押し寄せてくる。

どうしよう…悩む。

24日(金)以降も関節の痛み、頭痛、耳鳴り、怠さ、体に感じる異変と闘いながら過ごす。

そして決めた。

もうダメだ…つらい、病院に行こう。

東京にある病院へ

先ずはDANJAPANのDDNETで調べた愛知県内にある病院を受診する事にした。

診察の後に主治医の方と相談をしたら、実績の多い病院で見てもらった方が良いと言う事になり紹介状を書いていただき、さらに電話で予約も取っていただいた。

そして、12月4日(月)に東京にある東京医科歯科大学医学部付属病院高気圧治療部へ行くことになった。

今回の減圧症を発症した。反省点

治療を決行したのが、発症を疑われる11月4日(土)から1カ月後で決意するまでが遅すぎる。

これは本当にダメな事なので、もっと早くに行くべきだった。

つづきへ   1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事