ダイビングで減圧症になった。⑤再圧チャンバー治療での出会い

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


人生で初めての高気圧酸素治療(再圧チャンバー)を受けることになった。

治療中の不安
一気に圧がかかるみたいだけど、耳抜きが間に合わなかったらどうしよう?
治療中に痛みが強くなったり、気分が悪くなったら?
5時間もお手洗いを我慢できるかな?

色々と想像をしてしまい不安だった。

でも、不安な気持ちばかりではなく『新しい経験ができるワクワク感』も強かった。

ちょっと不謹慎だったかな…

診察と治療

先ず、担当の主治医さんに事前に自作で用意したダイブプロフィールと症状が記入された書類を渡して、目を通していただいた。

減圧症の症状が出ていますね。
少し、反応を見てみましょうか。
手を前に出して下さい。

僕の握力や腕の力の入り具合など、色々調べていただいた。

そして診察が終わり、いよいよ治療へ。

今日は僕を含めて2人で行う(一緒に治療を受けるのは女性のIさん)とのことで、1人じゃないのが心強かった。

注意点を聞いて、再圧チャンバーの中へと入る。

Iさんから伝わる大好きな気持ち

治療が開始すると、

酸素マスクをつけてくださ~い
酸素マスクを外してくださ~い

と言うアナウンスに従いながら行動する。

酸素マスクを外している間は、一緒に治療を受けているIさんと色々話した。

減圧症になったのはいつ頃?
どんなダイビングをしてた?
症状は?

僕より、Iさんの方が重症ですごく大変な思いをされていた。

かなりの不安もあっただろうに。

ダイビングが原因で怖い思いをされたのに、

ダイビングが好き!
また潜りたい!

と気持ちを聞いて、あぁ、なんてすごい人なんだろうと思った。

本当にダイビングが大好きで海の楽しさや楽しみ方を知っていらっしゃる方なんだなってひしひしと伝わって来た。

やり場のない不安

Iさんは大好きなダイビングに戻りたいとワクワクした気持ちをあれば、周りのダイバーよりも安全ダイビングに徹して来たのに、減圧症になってしまい、これからどう気をつければ良いのか?と言うやり場のない怒りや不安も抱えていた。

繋がりが出来たうれしさ

治療が終わるまでの間、お互いに身の上話をしたり、聞いたりした。

減圧症になって不安もあったけど、お互いに話せた事、共感できた事によって、気持ちがだいぶ楽になった。

本当にIさんとお会いできて良かった。

さらに、フェイスブックを通して今でも繋がっているのが嬉しい。

いつか一緒にうみへ行きたいな。

つづきへ  1つまえへ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事