魚の種類って本当に多種多様で沢山います。

その中でも特に多いんじゃないかと

思うのが『カサゴ』の仲間。

生息域の海に潜っていれば

必ずと言っていい程

カサゴの仲間に出会えるので、

ダイバーには御馴染みの魚と言えます。

カサゴ、フサカサゴ、イソカサゴ
イズカサゴ、ニラミカサゴ、ミノカサゴ…

言い出すとキリがありません。(´-ω-)

それぞれ見た目や体色も違い

赤色が目立つこんな子だったり

体と頭の色が違っている子がいたり

煌びやかでダイバーの目を釘付けにする子だったり

それぞれ個性があって見てて凄く面白いです。

只、元祖と言うべき存在の

『カサゴ』はダイバーには

見慣れた存在であり

素通りされることもしばしば( ノω-、)クスン

しか~し、改めて普段見慣れて

見向きもしなくなった

カサゴに焦点を当ててみると、

体色は周りの景色に擬態してて獲物を待つ『頭脳派』

そして、この待っている姿が

凛々しくないですか?
※どっしりと構えていて
カッコ良い~(*´Д`*)

 

目も水晶玉みたいで凄く綺麗なんです。

しかも、この目を角度を変えて見ると

またさらに驚く事実が・・・

何だか分かりますか?

それは・・・

水晶玉の中に稲妻が走ったような

模様があるんです!!
※これはゆっくり近づいて見ないと
わかりません。

何でこんな模様が入っているんですかね?

カサゴ界の神秘です。

カサゴの仲間って沢山居るけど、

擬態して獲物を待つ頭脳派

待っている姿が凛々しくもあり、

カッコ良くもあり、

水晶玉に稲妻が走ったような

綺麗な瞳を持つ。

そんな魅力を兼ね備えた魚

『カサゴ』

やっぱりシンプルが一番良い♪

ダイビング大好き いのこ

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事