吉良ワイキキビーチで三河湾スノーケリング♪(愛知県西尾市編)

以前から身近で遊べるうみを探していた僕は出勤前に西尾市の海水浴場『宮崎海水浴場=吉良わいききビーチ』へうみ遊びに出かけてきました。
※遊べるエリアが決まっていますので注意してください。

海況情報・ダイブプロフィール
日付_:2019年4月16日(火)
天候_:快晴
気温_:18℃
水温_:15℃
水面_:おだやか
透明度:1~2m

初めて泳ぐ愛知県のうみ

普段、自宅のナマコ水槽用に天然海水を汲みにちょくちょく来てはいたけど、スノーケリングをするのは今回が初めて。

透明度はどうなんだろう?生きものは何が見れてどこら辺が多いのかな~?なんて、気になることがたくさん頭の中に浮かんできました。

うみの中を覗いて気づいたこと!?

1時間ほど泳いで気づいたのは、

気づいたこと
1.透明度が悪いので水底が見えない場所では怖さを感じたこと。
2.波打ち際は透明度がとても良いこと。
3.予想以上に生きものたちが集まっていて生きもの好きには堪らないうみなんだなーってこと。
4.アマモが生息する貴重な環境が残っていること。
まず、ひざ下くらいまでの水深は透明度がはつぐんに良い。

吉良ワイキキビーチ(愛知県西尾市)
まるでキレイな川の水のように透き通っていて

吉良ワイキキビーチ(愛知県西尾市)

海藻・海草や岩礁の表面がきらきらしてます。

 

でも、水深2mあたりからは茶色く濁った感じで水底が見えなくなってしまいます。この水底が見えない!ってことがすごく怖かった。

実際は立ってみるとフィンが水底につきましたので、なんだー。こんな浅いんだ!って安心出来たけど泳いでいる最中は

怖かったこと

1.水底との距離が分からない。

2.泳いでいるのが自分1人だけで周りに誰もいなかった。

この2つの要因で心臓バクバク・・・ほんと肝っ玉が小さいもんですわ(‘-д-;)ゞ

浅場が楽しくてたまらない!?

もう、水底が見えない深場はないなーと思い、堤防沿いを泳いでみようと向かってみたんです。

そしたら、そこからが楽しくて仕方がなかった♪

イトマキヒトデ
僕の大好きな棘皮動物の仲間ヒトデちゃん♪(写真はイトマキヒトデ)

この子は探さなくても良いくらいにごろごろ居るし、マナマコちゃんもちらほらと。

あとはウニちゃんもいたら最高なんだけどなー、見つけられなくてざんねん…

イトマキヒトデ
ほんとうにヒトデは動きや格好が面白い!

イトマキヒトデ
落ちるもんかー!!!!!!ってロープにしがみついているみたいな姿がかわいくてたまらない♪もうね、ほんとうにかわいかった。

他にもカニやヤドカリが堤防のすき間からこちらの様子を見てくるし

アメフラシ
アメフラシ(大きなウミウシの仲間)がのそのそと歩いていると思ったら、体長数mの極小ウミウシとも出会えて、

ウミウシ
(小さすぎてピントが合わせられなかった…)

西尾のうみにもウミウシがいるんだなーって。これはかなりうれしい発見♪

水深1mにあった貴重な環境!?

その後、波打ち際の方へ戻りながら探していると、貴重なアマモが生えている場所があって感激。

アマモが生えている場所でスノーケリングができるなんて中々ないですからね。貴重な環境なので、大切にしたいな。

波打ち際は擬態上手なあの子がいっぱい!?

そして、波打ち際付近では

タテジマイソギンチャク
おまんじゅうみたいなイソギンチャクが!?なにこの見た目、かわいいー(タテジマイソギンチャクだと思います。)太陽光のキラキラとのコラボで心がなごみます。

さらに、僕を癒してくれたのが500円玉サイズのヒラメの赤ちゃん。とにかくめちゃめちゃいる。

擬態するヒラメの赤ちゃん
隠れるのがお上手なことで!まさに生き残るための術ですね。でも、見つけるのはかなり簡単でした。なぜなら、水底を見ながら泳いでいるとそこらじゅうで、ささーっ、ささささーって感じで少し泳いでは止まって隠れてを繰り返しながら移動していたので、泳げばすぐに見つかります。

 

擬態するヒラメの赤ちゃん
体を黄色枠でかこってみました。さらに近づいて見ると・・・

擬態するヒラメの赤ちゃん

ほんとうに擬態の天才だなー♪動かなかったら見つける自信がない(笑)

吉良ワイキキビーチで三河湾スノーケリング♪(愛知県西尾市編)まとめ

こんな感じで西尾のうみはとにかく浅場がたまらなく楽しい♪

まだまだ通えば新しい発見を見つけられそうなので、今後も定期的に生きものの調査で泳ぎにいきます。

慣れてきたらここでスノーケリングを楽しむツアーを開催したいな。

さいごにおさらいです。

気づいたこと
1.透明度が悪いので水底が見えない場所では怖さを感じたこと。なので、水深2m以上の場所はあまり行かなくて良いかも。

2.波打ち際は透明度がとても良いこと。とにかく気持ちが良かった。

3.予想以上に生きものたちが集まっていて生きもの好きには堪らないうみなんだなーってこと。波打ち際ではヤドカリやヒラメの赤ちゃん、水深2m以上の深場ではボラの群れなどと出会えた。

4.アマモが生息する貴重な環境が残っていること。環境の変化に弱いので近づくには注意する必要がありますが、これはぜひ見て欲しい。そして、この環境を大切に見守ってください。

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事