あなたに伝えたい棘皮動物の世界

不思議で面白い『棘皮動物図鑑』
共通点や特徴を調べてみよう♪

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


『ウニ・ヒトデ・ナマコ』多種多様なうみの生きものの中でも身近な彼らはすべて棘皮動物(きょくひどうぶつ)の仲間。

見た目だけでは判断できない彼らの仲間の証を1つ1つひも解いて、棘皮動物全般についてご紹介していきます。

ウニ・ヒトデ・ナマコについて気になった方は別記事で詳しくご紹介していますので、見ていただけましたらうれしいです。※最後にリンクを貼ってあります。

ここで分かる棘皮動物のこと
棘皮動物の共通点である“5”とは!?
仲間は何種類?
“5放射相称”“水管系”などの
おもしろい特徴について。

棘皮動物の仲間は『5』が共通点

まず知っていただきいことが数字の『5』これが、棘皮動物を知るために必要不可欠!

彼らはいたる所に『5』を隠し持っています。

棘皮動物の仲間は“5種類”

棘皮動物の仲間はこの子たち

棘皮動物の仲間「ウニ」ウニ
棘皮動物の仲間「ナマコ」ナマコ
棘皮動物の仲間「ヒトデ」ヒトデ
クモヒトデ(画像なし)
ウミユリ(画像なし)

※クモヒトデはダイビングで、ウミユリは水族館でそれぞれ撮影できたら載せますね。

“5”放射相称(ごほうしゃそうしょう)

2つめの『5』は形について。

5放射相称についてはヒトデを思い浮かべるとわかりやすいです。

棘皮動物の特徴「五放射相称」

中心から5本の腕が伸びてますね。

このように中心から同じ形が放射状に5つ伸びている形を五放射相称と言います。

よく植物の花びらがこういう形をしているけど、なんでなんだろう?

棘皮動物と植物の不思議な共通点です。

ナマコも5放射相称なの?

よく質問されるのがナマコのこと。

見た目はまったく5放射相称には見えないので、そりゃ疑問に思いますよね。

口とお尻があって、お腹と背中があって左右対称じゃん!って。

棘皮動物の仲間「ナマコ」

ナマコは外見じゃなくて中身が大事!?
実は輪切りにして体の構造(内側)をみると5放射相称が隠れているんです。

僕はペットを切るなんてことは出来ないので写真でご紹介することができないのですが、輪切りにすると、ちくわみたいに真ん中がぽっかりと空洞(くうどう)になっています。

そこに、縦走筋(じゅうそうきん)と言う筋肉があり、口から見るとお尻の方に向かって放射状に5つ伸びているんです。

つまり、ナマコもちゃんと5放射相称の特徴を隠し持っているんですね。

歯の数も“5本”+“5の倍数”

次なる『5』は歯の数。

ウニの歯は5本。

さらに、ウニの歯はアリストテレスの提灯(らんたん)と呼ばれる顎についているのですが、歯を固定している顎骨の数も5つ。

棘皮動物の仲間「ナマコの肛門」

ナマコの仲間にはお尻に歯がある子がいて、
※沖縄に生息するクロイロナマコなど

肛門にある歯なので肛歯(こうし)と呼ぶんですけど、その肛歯の数も5本

棘皮動物の仲間「ナマコの口・触手」

さらに、口の周りにある触手の数はたいてい5の倍数になっています。
(例)シカクナマコで20本!

写真のマナマコは何本なんだろう?

これからナマコの仲間と出会ったら、触手を数えてみるのもおもしろいかも(笑)

生殖孔や生殖巣も“5つ”

ウニ殻の背中側を撮影してみましたので観察してみましょう!

ウニ殻の「肛門・生殖孔・終板孔」

このように、肛門まわりに開いている『生殖孔(せいしょくこう)、終板孔(しゅうばんこう)』それぞれの穴の数が5つ。

そして、生殖孔の下に生殖巣(せいしょくそう)があって5放射に配置されています。
※生殖巣→精子や卵がある場所。


さらに、それぞれの穴がある板『生殖板(せいしょくばん)、終板(しゅうばん)』も、それぞれ5枚。
※生殖板の1枚は多孔板とも呼ぶ。

さらに、ウニ殻との距離をもう少し離して観察してみると、

ウニ殻「歩体の位置・場所」

ウニの管足(足のようなもの)が出てくる歩帯(ほたい)が5放射に並んでいますね。

ここだけでも“5”がたくさんありました。

歩帯(ほたい)や間歩帯(かんほたい)については別記事で詳しく紹介していますので、こちらも見ていただけるとうれしいです。

水管系と管足
動かし方を動画で見てみよう♪

棘皮動物の特徴で外せないのが水管系(すいかんけい)と管足(かんそく)

ヒトデの水管系

水管系は水がつまった管のことで、環状水管(かんじょうすいかん)と呼ばれる環状の管が口のまわりにあって、そこから放射状に5本の管が伸びています。

ここでも、5がありましたね。

この放射状に伸びている管のことを放射水管(ほうしゃすいかん)と呼び、ここから管足(かんそく)が出ています。

※最初は横から撮影、36秒~真下から撮影

透き通ったチューブのようなものが管足。

これは色んな用途に使える便利道具?でして、

管足はどんなことに使うの!?
歩行用
管足を伸ばしたり縮めたり、キャタピラのように動かして歩くため。
固定用
流されないように、海底にピタッと体を固定させるため。
物をつかむ用
海中に漂うエサや海底に生える海藻などを口に運ぶため。手のような役割かな。
呼吸用
管足を通して、海中にある酸素を体内に取り入れるため。

主な使用用途はこんな感じです。

本当に便利な道具(器官)ですね!これを考え付いた棘皮動物ってすごいなー

川や湖などの淡水にはいない!?

棘皮動物は淡水に生息している子はいなくて海水にのみ生息しているんです!

なんで、淡水にはいないのか?

それは海水に特化した循環系(じゅんかんけい)である水管系が関係しているのではないかと思われるそうです。

なので、彼らに会いたければうみへ行こう!もしくは水族館へ♪

おすすめの水族館
京都大学白浜水族館
〒649-2211
和歌山県西牟婁郡白浜町459
TEL:0739-42-3515
他にも、キャッチ結合組織など、変わった特徴があるのですが文章だけだと伝えられないので、気になった方はネットや図鑑などで調べてみてくださいね。

身近な棘皮動物「ウニ・ナマコ・ヒトデ」についてもっと知ろう!

棘皮動物は知れば知るほど興味深い世界だと思います。

そんな棘皮動物の仲間たちウニ・ナマコ・ヒトデについてもっと伝えたいことがありますのでぜひ、こちらも見ていってください!


それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事