「サクラダンゴウオ」サカナ図鑑アイキャッチ画像

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


低水温のうみが大好きなアイドル『サクラダンゴウオ』

昼間と夜間で姿が変わる!?不思議な生態を覗いちゃおう!

ここで分かること

昼間の擬態能力(ぎたいのうりょく)

幼魚の大きさとお腹にある吸盤の形

昼間とは違う夜の姿とは!?

水温があがるとどうなるの!?

分類、学名、大きさ、生息地、プチ情報

昼間はかくれんぼの天才!?

昼間に出会う子は擬態が上手い。

多くの外敵が活動しているからなのかな?

成魚はエツキイワノカワ(赤い海藻)の上にちょこんと居座っていることが多いのですが、びっくりするくらい景色に溶けこんでいます。

海藻に擬態するサクラダンゴウオ

まさに海藻と一体化!

 

海藻に擬態するサクラダンゴウオ海藻に擬態するサクラダンゴウオ
隠れる技術に脱帽・・・
ほんとガイド泣かせな子です。

 

海藻に擬態するサクラダンゴウオ海藻に擬態するサクラダンゴウオ
海藻に擬態するサクラダンゴウオ

上から見ると、なおさら見つけにくい…

ちなみに、天使の輪っかがある幼魚はカジメ(黄色っぽい海藻)に居ついていることが多く、さらに大きさも2mmほどと極小なので、成魚よりも見つけづらいんです。

 

海藻に擬態するサクラダンゴウオ幼魚
だって、こんな大きさなんですよ!?
(人差し指と大きさ比較)

幼魚探しは吐きたくなるくらいに苦手です…

でも、見つかったらめっちゃテンション上がるしかわいいんですよねー♪

だからこそ見たくなる気持ちがすごくわかりますので、毎回紹介が出来るようになりたいな。

お腹でピタッと貼り付きます!?

波やうねりの影響でぐらぐらと揺れている海藻の上でも、流されることなくピタッと貼り付いているダンゴちゃん。

なんで流されないの?
どうやってくっ付いているの?

その答えはお腹にありました。

なんと、サクラダンゴウオのお腹を見ると

 

ダンゴウオのお腹にある吸盤

見事までに気持ち悪い吸盤が(笑)

見てはいけないものを見てしまった気分…

 

ダンゴウオのお腹にある吸盤

でも、この吸盤があるからこそ、波やうねりに負けることなくきびしい自然界を生き抜いてこれたんですね。

ダンゴウオの仲間が編み出した究極の生き抜く武器の1つです。
(撮影場所:名古屋港水族館イベント水槽)

夜は筋肉質なゴツゴツちゃん!?

昼間はツルっとした子が多いのに、なぜか夜に出会う子はほぼ筋肉質?なゴリゴリマッチョさんなんです。
なんでだろう?

 

夜に出会うサクラダンゴウオ成魚

筋肉質?ぽっちゃり体型?
昼間とは違う生きものみたいですね。

夜のサクラダンゴウオの居場所、見つけ方、昼間との違いなどについてはこちらの記事で紹介していますので、ぜひ覗いていただけるとうれしいです♪

水温が20℃近くになるとどうなるの!?

ダイビングで出会える時期は冬から春。(水温にすると大体10℃~20℃の間)

ダンゴウオは夜行性なのか、夜の方が見られる頻度が多く時期も長い。

見られる頻度の変化
‹昼間›
大体15℃を目安に減っていく。
‹夜間›
大体20℃を目安に減っていく。

ダンゴウオを飼育されているアクアリストの方たちの話を聞くと、20℃を越えると餌の食いつきが悪くなるなど、元気がなくなるように見える意見があるとのこと。

野生の子も20℃を目安に見られなくなるので、どうやら20℃がキーポイントみたいですね。

ある図鑑によると、海水温が上昇していくとダンゴウオは深海の方(冷たい水温)へ移動をしていくみたいです。

と言う事は、夜の大人ダンゴがゴツゴツ体系なのは、この大移動のために体力を蓄えているのかな?

サクラダンゴウオの生態『分類、学名、大きさ(殻径)、生息地・生息域・分布域、豆知識』などの情報について

分類

カサゴ目
ダンゴウオ科

学名

Eumicrotremus uenoi

大きさ

~2cmほど

生息地・生息域・分布域

山形県~兵庫県の日本海沿岸
朝鮮半島南東岸
済州島

(沿岸の浅い岩礁地)

豆知識

低水温(~15℃)が好み。

水温20℃を越えると極端に目撃数が減っていき、浅場から姿を消す。

ダンゴウオ(太平洋側)との違いは、眼窩間および眼窩下の孔の有無などに違いがあるとのこと。

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事