ダイビングで出会えるサカナ「ミノカサゴ」
こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

ハナミノカサゴと双璧をなす存在?であるミノカサゴの特徴は、何といっても口の形です!!

出会えたら正面から顔をよく眺めてみましょう!すると、三角形の『富士山口』(ふじさんぐち)が見えるのですが、その口元が目に入ってしまった瞬間、きっとあなたの心はミノカサゴ色に染められてしまいます。

そんな、ミノカサゴ最大の特徴でありモテの極意でもある『富士山口』を一緒に確認していきましょう!

これがモテの極意『富士山口』!?

ダイビングで出会えるサカナ「ミノカサゴ」
このようにミノカサゴを横から眺めると、整った体の模様や優雅なヒレの動きを楽しむことができます。

ですが、僕が見て欲しいのは口元なので、今から正面にまわってみたいと思います。

それではぜひ、富士山口を想像しながら下へスクロールしてみましょう!

 

ミノカサゴの正面顔と富士山口
これこそ、モテの極意『富士山口』なんと魅力的な!!

この口の形…一度見たら気になりすぎて忘れられないですね~

ミノカサゴと言えばホバリング!?

と言うことで、口の形について熱く語りましたが、実は他にも2つ特徴があります。その1つがホバリング。

 

ダイビングで出会えるサカナ「ミノカサゴ」
水底から少し浮いた状態でゆらゆら~と優雅に停止(ホバリング)している姿をよく目にします。

この、ちょっと下を向いて毒のある背びれを相手に向けて防御態勢をとっている泳ぎ方がミノカサゴの得意泳法ですね。

基本、向こうから襲ってくることはないのですが、手を出したりして身の危険を感じることがあれば毒針でグサッと刺してくる可能性がありますので、むやみに驚かさないように気を付けてくださいね。

ミノカサゴ系の目は雷模様の電気属性!?

2つ目の特徴はミノカサゴの仲間に多いのですが、目が雷模様なんです!

 

ミノカサゴの目の模様
なんで、こんな模様が入っているんだろう?

 

ミノカサゴの目の模様
それに、どんな景色が見れるんだろう?って不思議に思います。

でも、すごいオシャレですね。この模様も大好きです。

ミノカサゴの生態『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域、豆知識』などの情報

分類

カサゴ目
フサカサゴ科

学名

Pterois lunulata

大きさ

~30cmくらい

生息地・生息域・分布域

南北海道以南
朝鮮半島
沿岸の岩礁

豆知識

毒針で刺そうと思い立ったら動きが速くなる。

ハナミノカサゴとの見分け方

ミノカサゴに似ているサカナと言えばハナミノカサゴです。

 

ミノカサゴとハナミノカサゴ
お互い本当によく似ていますね。

この2種『ミノカサゴ・ハナミノカサゴ』を見分けるポイントは3つありますが、1番確実なのは『アゴの下に模様があるか?ないか?』です。

詳しくは別記事にまとめてありますので、こちらもぜひご覧ください。

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事