亀池(トロ舟)に階段と日陰の休憩場所を設置
こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

今回は、ミドリガメたちが亀池(トロ舟)から広場へ遊びにいけるように階段と日陰の休憩場所を新しく作ってみました。満足いく仕上がりになりましたので、喜んでくれたらうれしいな。

作業風景は後半に動画を載せてあります。※YouTubeにもアップしてあります。

場所の確認と道具の準備!?

亀池(トロ舟)に階段と日陰の休憩場所を設置

設置予定の場所はこんな感じで、階段と休憩場所を作るために必要なものはDAISOで揃えてきました。

 

亀池(トロ舟)に階段と日陰の休憩場所を設置
すだれが休憩場所を作るために必要で、それ以外のものが階段の材料になります。

完成形・こだわりポイント!?

亀池(トロ舟)の休憩場所

日陰はこんな感じで、すだれの両側をトロ舟の縁(ふち)と柵(フェンス)にそれぞれ結束バンドでキュキュッと締めて取り付けました。なんてことはない、ただ付けただけ(笑)でも、良い感じに日陰が作れたなーって思います♪

 

亀池(トロ舟)に階段と日陰の休憩場所を設置

階段は、すのこやキッチン用品の上に人工芝を取り付けて作りました。

これ、動画でもお話しするんですけど、人工芝はなくても特に問題はないです。えっ…それなら何で取り付けたの?って気になる方もいらっしゃると思いますので理由をお伝えします。それは、『カメの足が痛くならないため!』

キッチン用品は網目状で固いので上から手の平で押さえつけてみると痛かったんですよね。

それで、もしかしたらカメたちがキッチン用品の上を歩いたら両手足の裏が痛くなるんじゃないかな?って気になったので、人工芝をクッション代わりにしてみようと考えて取り付けてみました。

まぁ、本当に痛いかはわからないですけどね(笑)

それでも、思ったことはやってみるに越したことはないです。

亀池作業風景を動画で見てみよう!

このような流れで無事に作ることができました。

 

次の作戦としては、日陰の休憩場所に土を盛って植物を植えてお花畑みたいにしたら隠れ家にもなるので良いかなーなんて想像しています。今後の変化に乞うご期待です♪お楽しみにー

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事