オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具・説明書

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


三保耳鼻咽喉科で三保院長の診察を受けた翌日から、耳抜き訓練用の道具オトヴェント(オトベント)を使ってみましたので、耳抜き(バルサルバ法)練習に必要な道具や手順・注意点について書いてみました。

オトヴェントの道具紹介!?付属品は?

オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具
①箱
②説明書(英語)
③説明書(日本語)
④訓練用の風船
⑤保管用の入れ物
⑥ノーズピース

以上が購入時についてきた道具一覧です。

オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具
④の風船を袋から取り出してみると、このように入っていました。

 

オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具
実際にはノーズピースに風船を取り付けて練習を行います。

説明書は必ずダイバー用を使う!?

練習は説明書通りに行うのですが、ここで注意点があります。

説明書の注意点
付属の説明書は『中耳炎用』なので、必ず『ダイバー向け』の説明書を病院もしくは株式会社名優のHPサイトから印刷・ダウンロードをする。
オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具・説明書オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具・説明書
これが付属の説明書です。中耳炎用なので、練習方法や注意点がダイバー向けと異なる部分があります。
オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具・説明書
こちらが、ダイバー向けの説明書になります。右側→三保耳鼻咽喉科で配布
左側→株式会社名優様のHPサイトから印刷

必ずダイバー向けに書かれた説明書の手順・注意点を守って練習を行ってください。

大事なこと・難しかったこと!?

オトヴェントで練習をするさいに大事なことは主に3つあります。

大事な3つのポイント
一気に息まない
鼻をかむように息む力が強いと鼓膜を傷める可能性が高くなり、耳抜きも抜けづらくなります。慌てずゆっくりと行う。
※急に強く息むと抜けにくいのは耳管(鼓膜まで空気を送り込むための道)をブロックしてしまうため。
4秒~5秒に1回が目安
7秒以上かけてしまうと通常の潜降スピードに間に合わないので、5秒以内で出来るようにする。
適切な力加減で抜く
息む力が弱すぎても強すぎてもダメ。適切な力加減を身に着ける。

これが、簡単に見えてむずかしい…僕は初めて挑戦したときは膨らますことさえできませんでした。

2回目以降は膨らますことはできたのですが、7秒ほどかかってしまい、息む力を強めていくタイミングを掴むのに苦労しました。

実際に練習を行う時は、

 

オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具・説明書
ノーズピースに風船を取り付け
オトヴェントでバルサルバ法(耳抜き)練習方法・手順・道具・説明書
先っぽに開いた穴に鼻から空気を送り、風船をぷく~っとグレープフルーツくらいの大きさまで膨らませることができればOK!
力加減とタイミングをつかみましたらオトヴェント無しで耳抜き練習を行い、身に着くまでこれを繰り返す。
※徐々にオトヴェントは力加減やタイミングが分からなくなった・確認したくなったときだけ使うようにしていく。

耳抜きで勘違いしていた感覚!?

耳抜きが抜けた感覚(合図)
鼓膜が動いた
外側に押されてぼ~っとするような感覚?
音がした
キューっと高い音?

今まではこの2つのどちらか、もしくは両方を感じた時に耳抜きが抜けた合図と判断していました。

ですが、これは『耳抜きが始まる合図』で、ここからさらに圧をかけた先に適切な耳抜きの世界がありました。

だた、そこに合図は存在しないので、強く息みすぎてしまわないか不安になるんですよね。

なので、適切な力加減を身に着けるためには、グレープフルーツくらいの大きさに膨らませる程度の力加減とタイミングを、オトヴェントを使って体に覚え込ませるしかないんです。

オトヴェントで耳抜き(バルサルバ法)手順・練習道具・注意点!?まとめ

耳抜きも追求していくと奥が深い。

本当は全てのダイバーがオトヴェントを使って耳抜きの練習をしてほしいなと思いました。

さいごに今回のおさらいです。

大事な3つのポイント
一気に息まない
鼻をかむように息む力が強いと鼓膜を傷める可能性が高くなり、耳抜きも抜けづらくなります。慌てずゆっくりと行う。
※急に強く息むと抜けにくいのは耳管(鼓膜まで空気を送り込むための道)をブロックしてしまうため。
4秒~5秒に1回が目安
7秒以上かけてしまうと通常の潜降スピードに間に合わないので、5秒以内で出来るようにする。
適切な力加減で抜く
息む力が弱すぎても強すぎてもダメ。適切な力加減を身に着ける。

 

説明書の注意点
付属の説明書は『中耳炎用』なので、必ず『ダイバー向け』の説明書を病院もしくは株式会社名優のHPサイトから印刷・ダウンロードをする。

以上のことを守って、耳抜きの適切な力加減やタイミングを身に着けていきましょう♪

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事