ダイビングで出会えるナマコ図鑑アカミシキリ

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

奄美大島以南に生息する温かい海域が好みで名前が覚えにくくてややこしいクロナマコ科の仲間。

今回は、そんなアカミシキリについて書いてみました。

赤いお肌が特徴です!?

アカミシキリの特徴と言えば、背中が黒っぽくてお腹が赤っぽいこと。

 

ダイビングで出会えるナマコ図鑑アカミシキリ
産まれたての赤子っぽくてかわいいかも♪

写真の子はまだ小さかったためか、背中があんまり黒くない。もっと背中が黒い子に会うと、見事なまでに上下が黒色と赤色で分かれていてエクレアみたいに見えるんです!これがまたかわいいの!!
※別種にエクレアにそっくりなエクレアナマコがいます。

暗がりに居るとかわいさ倍増!?

岩壁などで影になっている場所でよくアカミシキリと出会います。

 

ダイビングで出会えるナマコ図鑑アカミシキリ
背中が黒いと暗がりでは見つかりにくくなる気がしますので岩陰が好きなのかな?どうなんだろ?

こうやって暗がりにいるけれど、頭だけ明るい場所にちょこんって出してるところがかわいく感じるんですよね~なんか、ここにいるよーって言っているみたい(笑)

 

ダイビングで出会えるナマコ図鑑アカミシキリ
まさにこれ!このちょっと出しがかわいく感じます♪

でも、こうして見ると赤い肌が岩肌の赤色(珪藻?)と似ていますので、もしかしたらこれに擬態するための赤色なのかな?

顔はりりしく、ウンチは小分け!?

アカミシキリの顔を正面から見てみるとこんな感じです。

 

ダイビングで出会えるナマコ図鑑アカミシキリ
かわいい?凛々(りり)しい?どんな風に感じますか?僕はキリッとしてて凛々しく感じます。

なのにお尻の方を見てみると、キメ顔しながらうんちをどっさりため込んでいます。

 

ダイビングで出会えるナマコ図鑑アカミシキリここで気になるのは、うんちが小分けになっていること。

家で飼育しているマナマコはもう少し長めのを出すのですが、生息している場所が泥っぽいところなので固めて出しやすいんだろうな。逆にアカミシキリが生息している場所はサンゴ砂で崩れやすいから小分けで出すのかな?

生息場所によって、こう言うところにも違いがあるんだなー

アカミシキリの生態『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域、豆知識』などの情報について

分類

樹手目
クロナマコ科

学名

Holothuria edulis

大きさ

~40cm

生息地・生息域・分布域

奄美大島以南
主に浅瀬を好む

豆知識

沖縄地方ではアカワタと呼ぶ。
標準和名は奄美大島の方言名。

他のナマコ情報はこちらの記事にまとめています。

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

‹参考文献›
ナマコガイドブック
本川達雄 (著)
今岡亨  (著)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事