ダイビングで出会える生きもの図鑑「ウスイロウミウシ」
こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

夏になると指先くらいの大きさの白いウミウシと出会うことが多くなり、わぁ~シロウミウシの赤ちゃんだ!かわいいな~ってホッコリしながら眺めてみると、実はウスイロウミウシでしたってことがあります。

存在を知らない人が見たらシロウミウシで統一されてしまいかねないほど似ている両者ですが、どちらもかわいいんですよ♪

そんなウスイロウミウシの1番伝えたい特徴が控えめに彩られた淡い水色模様。ぜひ、一緒に確認していきましょう。

実際の大きさはこのくらい?指先と比較してみよう♪

冒頭で小さいと書いたいんですけど、実際の大きさはこのくらいです。

 

ウスイロウミウシと人差し指の大きさ比較
ちんちくりんでかわいいですよね♪

岩礁地の岩壁などを探していると、あっ!こんにちは。って感じでちょこんと居ます。

こんな風に小さいウミウシの仲間だけれど、白い体色が目立ちますので見つけやすいかも。

ウスイロウミウシの特徴は控えめに彩られた淡い青色!?

これこそが、ウスイロウミウシのかわいさの全てを表現しているといっても過言ではない!…と思っています(笑)

 

ダイビングで出会える生きもの図鑑「ウスイロウミウシ」
この淡い感じが良くないですか?

僕、シロウミウシじゃないよー、ウスイロウミウシだよ~ってさり気なく、でも一生懸命に伝えようとしてくれている感じがgood!!たまらん。かわいすぎ!!

主張しすぎないけど、ちゃんと個性を出している青色の仕事ぶりが最高です。このセンスが人気の秘訣!?

パッと見るとシロウミウシに勘違い!?

でも、シロウミウシと見た目が似すぎですので、パッと見ただけではシロウミウシと勘違いしてしまうことも多々あります。

じゃ、どれだけ似ているの?って気になりますよね。写真で見比べてみましょう。

 

ダイビングで出会える生きもの図鑑「ウスイロウミウシ」
この子と

 

ウスイロウミウシに似ている「シロウミウシ」
この子。

正解は!?

上の子→ウスイロウミウシ

下の子→シロウミウシ

見比べても似ていますね。

特に小さい子は肉眼での判別が難しい場合がありますので、そんな時は写真に撮って陸に戻ってから拡大して確認してみるのがおススメです!

ウスイロウミウシの生態『分類、学名、大きさ(殻径)、生息地・生息域・分布域、豆知識』などの情報

分類

イロウミウシ科
アオウミウシ属

学名

Hypselodoris placida
(Baba,1949)

大きさ

~2cmほど

生息地・生息域・分布域

本州~九州
香港

豆知識

アオウミウシと分布域が似ている。
夏に見かけることが多い。

<似ていて間違えやすいウミウシ>

シロウミウシ

アオウミウシ

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

‹参考文献›
持ち運びに最適
フィールド図鑑日本のウミウシ
中野理枝(著)

最強のウミウシバイブル
日本のウミウシ
中野理枝(著)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事