名古屋港水族館にあるアルケロンの骨格レプリカ

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

ここでは、僕なりにウミガメについて伝えたいことをまとめた『ウミガメ図鑑』を作っていきます。
※新しい写真や情報が手に入りましたら、更新をして追記していきます。

知りたいことや調べて欲しいこと、間違っている情報がありましたらコメントや問い合わせで遠慮なく連絡をいただけるとうれしいです。

何種類いるの!?(7種類+α)

世界中にウミガメは7種類いるとされています。

ウミガメ科の仲間(6種)
アオウミガメ
アカウミガメ
タイマイ
ヒメウミガメ
ケンプヒメウミガメ
ヒラタウミガメ

+α 亜種?別種?
クロウミガメ※
オサガメ科の仲間(1種)
オサガメ
※アラスカからチリの沿岸に生息するクロウミガメ(東太平洋洋アオウミガメ)はアオウミガメ(大西洋アオウミガメ)の亜種と独立種のどちらとして扱うのかはまだ決まっていないみたいなので、ここでは種に数えませんでした。この先、決着はつくのかな?

日本で見れるのは!?

日本で最もなじみ深いのがアオウミガメ・アカウミガメ・タイマイの3種類で、産卵も日本で行います。

それ以外にレア種+αとして、オサガメ・ヒメウミガメ・クロウミガメが年に数回発見されているみたいです。

1番大きい種類は!?

7種類(クロウミガメも含む)の中で、1番大きい種類はオサガメです。

ネットや図鑑で人と一緒に写っている写真を見たことがありますけれど、本当にデカい!

それに、口の中がすごいことになってますので、気になった方はググってみてください。

本当に1度はうみで直接会ってみたい憧れの生きものだなー

地球にいつからいるの!?

名古屋港水族館にあるアルケロンの骨格レプリカ

全てのカメ(リクガメ・淡水ガメ・ウミガメ)の先祖は2億2000万年前以上も前からいたとされています。

現在、発見されている最古のカメの化石は、三畳紀(さんじょうき)に生息していたオドントケリスとされています。

ちなみに、写真のカメは名古屋港水族館にあるアルケロンの骨格レプリカです。

何を食べているの?
種類によって好みのエサが違う!?

ウミガメは種類によって好みのエサが違いがあり、エサを捕まえる場所も変えています。

好みのエサや捕まえる場所が違う理由は、お互いがエサを取り合う危険を極力なくし、生存競争(せいぞんきょうそう)が起こるのを避けているみたいです。

仲良く共存していくのが1番ですからね♪

それぞれが好むエサの違いはこんな感じです。

アオウミガメが好むエサ

アオウミガメは海草/海藻を好む草食性。

アカウミガメが好むエサ

貝・ヤドカリなどの底生動物を好む肉食性。

タイマイが好むエサ

サンゴ礁に生息する海綿(かいめん)を好む肉食性。

オサガメが好むエサ

クラゲ類、ホヤなどの無脊椎動物(むせきついどうぶつ)を好む肉食性。

ヒメウミガメが好むエサ

クラゲ類、小さな底生動物(ウニ・エビ・カニなど)魚類など、なんでも食べる雑食性。

ケンプヒメウミガメが好むエサ

エビ・カニなどの甲殻類、貝類を食べる肉食性。特にカニが好物らしい。

ヒラタウミガメ

ナマコ類、クラゲ類、エビなどの無脊椎動物(むせきついどうぶつ)を好む雑食性。

アオ・アカ・タイマイはどこで見分けるの!?

日本で特になじみ深いアオウミガメ・アカウミガメ・タイマイ。

この3種類を見分けるポイントをご紹介!

ウミガメを見分けるポイント
①顔つき
②額板(がくいた)の配列(はいれつ)
③甲羅(こうら)の形
※額板はおでこにある鱗(うろこ)のこと。

オスとメスの違い・見分け方は!?

ウミガメのオスとメスの違い・見分け方は、

見分けるポイントは2つ
①しっぽの大きさ
②前足のツメの大きさ
どちらも大きいのがオス
どちらも小さいのがメス
まだ上手に撮れた写真がないので、撮れましたら写真付きで紹介しますね。

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事