「歩帯・間歩帯・孔対・棘疣」ウニの殻
こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。 ウニを観察してみると、棘と棘の間から細い管のようなものがウニウニと動いています。

 

ウニの足「管足」

これは管足(かんそく)と言って、いろんな使い方をしています。
※黄色矢印の先

管足の役割(やくわり)
呼吸(ガス交換)、物の識別、歩く、岩壁を登るなどを行う時に使います。

ウニにとっては無くてはならない大事な器官の1つで、ウニ殻全体から伸びてきているわけでは無く、ちゃんと管足が伸びて出てくる場所と出てこない場所が決まっているんです。

今回はウニ殻を使って、その場所をご紹介します!

「歩帯」「間歩帯」「孔対」「棘疣」の意味

それぞれを簡単に説明すると

それぞれの意味
棘疣(とげいぼ)
棘が生えていた根元の部分
孔対(こうつい)
殻に開いている管足が通る
2対の孔(あな)の事
歩帯(ほたい)
殻に孔対が存在している場所のこと
間歩帯(かんほたい)
殻に孔対がなく、棘疣が多く存在している場所のこと

こんな感じです。

では、実際に写真で確認してみましょう。

歩帯・間歩帯の場所

ウニ殻を見ると歩帯と間歩帯は交互に並んでいます。

 

「歩帯・間歩帯・孔対・棘疣」ウニの殻

棘皮動物は五放射相称(ごほうしゃそうしょう)になっていますので、歩帯と間歩帯はそれぞれ5か所ずつあります。
※五放射相称とは、同じ形が中心から5つ放射状に並んでいること。

次はさらに近寄って、

孔対と棘疣も確認してみたいと思います。

孔対と棘疣

「棘疣・孔対・歩帯・間歩帯」ウニの殻

ぷつぷつと空いている孔対の穴を通って管足が伸びてきて、棘疣は歩帯の領域では小さく、間歩帯の領域では大きく存在感があります。

ウニの棘は筋肉や結合組織によって棘疣にくっついていて、筋肉が伸びたり縮んだりすることで棘を動かすことが出来ます。

棘の大きさは棘疣の大きさに比例しますので、棘疣が大きければ、立派な棘を付けて生活をしていた証拠になります。

「歩帯」と「間歩帯」・「孔対」と「棘疣」の意味・場所のまとめ

それぞれの意味をもう一度確認しておくと、

それぞれの意味
棘疣(とげいぼ)
棘が生えていた根元の部分
孔対(こうつい)
殻に開いている管足が通る
2対の孔(あな)のこと
歩帯(ほたい)
殻に孔対が存在している場所のこと
間歩帯(かんぽたい)
殻に孔対がなく、棘疣が多く存在している場所のこと

ぜひ、海辺でウニの殻を拾いましたら、

棘疣、孔対、歩帯、間歩帯はどこなのか?
五放射相称(ごほうしゃそうしょう)のきれいさ

を実物を見ながら観察してみてくださいね。

こちらの記事で僕が集めたウニ殻をご紹介しています。

ウニや棘皮動物についての情報はこちらを見ていただけるとうれしいです。

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事