ウニの器官イラスト

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


ここでは、僕なりにまとめたオリジナル『ウニ図鑑』を作っていきます。
※新しい写真や情報が手に入りましたら、更新をして追記していきます。
知りたい事や調べて欲しい事、間違っている事がありましたらコメントや問い合わせで遠慮なく連絡をいただけるとうれしいです。

ここで分かる事
1.ウニの体のつくり
___(ウニの構造・各部の名称)
2.ウニの豆知識
3.ウニ図鑑(各種ウニの生態など)

ウニの体のつくり

目はどこにあるの?

ウニには僕たちのように目の機能を持つ器官はないのですが、トゲに覆われた体全体が目と同じような働きをしていて光の明暗は判別することができます。

なので、指を近づけると影ができますので『影=何か来た?』と警戒して棘の動きを早くして身構えます。

 

ウニの防御反応

さらに近づけて棘にふれると、数本の棘でがっちりガードします。

向こうはビックリしてるかもしれないけれど、ウニと握手しているみたいで好きなんですよね♪

‹参考記事›
ウニはトゲで“見る”
‹出典›
ナショナルジオグラフィック日本版サイト

足はどこにあるの?

足は管足(かんそく)と呼ばれるニョロニョロと動く管のようなもので、

 

ウニの足「管足」
トゲとトゲの間から伸びていて、僕が大好きなウニの器官です。

 

ウニの足「管足」

管足の先には吸盤がついていて、これで体を固定したり、エサである海藻などを口に運ぶ時などに使ったりしています。

 

ウニの足「管足」
岩壁にがっちりとくっつけていますね。

この管足は殻全体から出ているわけではなく、出てくる場所と出てこない場所が決まっています。

詳しくは、こちらの記事を見ていただけましたらうれしいです。

口はどこにあるの?
動画も見てみよう♪

口は腹側の中心にあります。

 

ウニの口の位置・場所・歯の数

口と白い歯が見えますね。

ウニを含む棘皮動物は5の倍数が仲間の共通点。

 

ウニの歯と数

なので、ウニの歯の数は5本あります。

このウニの口には『アリストテレスのランタン』と言う呼び方があり、これは、ギリシャの哲学者アリストテレスさんがウニの口を見て『まるでランタンみたいな形をしているね。』と自身で動物を観察・記録をして後世に残した動物誌の中で表現した事からそう呼ばれるようになりました。

どのように口を動かしてエサ(海藻)を食べるのか動画をご覧ください。

 

倍速だと、動きがよくわかりますね。

口の場所は『他の器官は何があるの?』にあるイラストでも確認して見てね♪

お尻(肛門)はどこにあるの?
動画で見てみよう♪

お尻(肛門)は背中側の中心にあります。

詳しくは『他の器官は何があるの?』にあるイラストを見てね♪

動画も撮影してみました。海藻を食べて緑色のうんちが出てくる場所がお尻(肛門)です。

 

他に器官は何があるの?

他に『生殖巣』『多孔板』『水管』などがあります。

ウニ豆知識

ウニに寄生する貝がいる。

僕が福井県越前海岸の海で出会ったムラサキウニに、どうやら棘ではない『小さくて白い牙のようなもの』を見つけまして、

 

ウニの寄生貝「キンイロセトモノガイ」

(黄丸〇の奴で、他にもたくさんついていますね。)

これはなんだろう?

と思い、ウニの研究をされている田中颯さんに聞いて正体を教えていただきました。
‹参考文献›
福島県いわき沿岸でみられた
寄生性巻貝クロイロヤドリニナ(短報)
(藤田恒雄 論文)

その正体は寄生性巻貝ハナゴウナ類でムラサキウニを含むホンウニ類に多く寄生をする『キンイロセトモノガイ』という種ではないかと思われるとのこと。

 

ウニの寄生貝「キンイロセトモノガイ」

きれいな色をした貝ですね。

 

ウニの寄生貝「キンイロセトモノガイ」
バフンウニにも確認出来ました。

このキンイロセトモノガイが宿主にするウニの仲間には

宿主に選ぶウニの仲間
1.アカウニ
2.ムラサキウニ
3.クロウニ
4.キタムラサキウニ
5.バフンウニ

の5種類が確認されています。

ただ、キンイロセトモノガイが寄生する事によって、ウニにどんな影響を与えるかは不明だそうなので、今後の研究発表が待ち遠しいです。

他にもウニに寄生する貝がいまして、その名は『クロイロヤドリニナ』アカウニやキタムラサキウニを宿主にして、反口面に寄生をします。こちらは寄生されたウニが高い死亡率を示すと言われているとの事なので、何かしら悪影響を与えているみたいです。

健康を保つために使う特殊な棘がある!?

ウニの体表を観察すると棘と棘の間から管足に似たものが伸びているのを見ることができます。

 

ウニの叉棘

黄色矢印の先にある三又(みつまた)みたいなもので、これを叉棘(さきょく)と言います。
(写真は爪状叉棘タイプと思われます。)

叉棘の用途についてはまだ詳しくはわかっていないそうですが、
(説はあるが実験などで確かめれていないため)

説として言われていること
1.体表の掃除
2.排泄物の運搬
3.寄生生物(寄生貝など)の排除

説としてはこう言った用途で使用しているのではないか?と考えられています。

ちなみに僕が1番驚いたのは、叉棘のことを見た目からてっきり、特殊な『管足』だと思っていたのですが、実は特殊な『棘』だったんです。

 

ウニの叉棘・管足

いや、こんなにも管足に似てるのに棘!?管足じゃないの!?ほんとに不思議な器官です。

叉棘の動きを動画で見てみよう♪

食べ尽くされても棘は動く!?

ある日のダイビング中、天敵に中身を食べ尽くされて死んでしまったムラサキウニと出会いました。

 

ウニの殻

こんな状態なのに、なんと棘は動いていたんです。

中身が食べ尽くされて無くなってしまっても、神経細胞は生きているから棘を動かす事ができる!ということなのかな?

自然界は厳しいけれど、その中を懸命に生き抜こうとしている姿にカッコ良いと感じました。

こちらの記事に動画も載せてありますので、見ていただけるとうれしいです。

キャベツをあげると旨くなる?

神奈川県三浦半島で磯焼けの原因を起こしていたムラサキウニに対して、三浦半島名物のキャベツをエサとして与えて養殖を始めてみた所、ウニの中身が6倍になり、旨味も増したそうです。

軌道にのれば、三浦半島のウニがブランド化して高級食材の仲間入りを果たすかもしれませんね。
(キャベツは規格外や葉っぱなどの処分をする予定だったものを与えているそうです。資源の有効活用ですね。)

僕の家で飼育中のムラサキウニもキャベツが大好き♪

 

キャベツを食べるムラサキウニ
うちの子は変なクセがあって、背中を水槽の壁に向けて食べるんです。

弱点をさらけ出してでも夢中で食べるので、野生を忘れてしまったみたい…

それとも、野生でも同じクセの子がいるのかな?

ウニは何種類いるの!?

日本→約160種
世界→約950種

日本だけでも100種類以上もいることに驚きです。

食べているのはウニのどの部分なの?

生殖巣(せいしょくそう)と呼ばれる器官です。オスなら精巣(せいそう)、メスなら卵巣(らんそう)にあたる部分です。

ウニの一生 命の誕生から終えるまで

ここでは、バフンウニの卵と精子を採取する様子や赤ちゃんウニ(プルテウス幼生や稚ウニ)の育成記録などについて書いています。

ウニ殻コレクション

僕が趣味で集めているウニ殻の写真館です。生きている時とは違った魅力がありますので、ぜひ見ていただけたらうれしいです。

ウニ図鑑

アカウニ

僕の中ではレアキャラ的存在で、出会えただけで『おぉ!!!』と大興奮してしまうオオバフンウニ科の仲間。

アカウニの魅力とは!?、同種より別種といることが多い!?、アカウニ情報『分類、学名、大きさ(殻径)、生息地・生息域・分布域、豆知識』など、アカウニの生態について書いてみました。

イイジマフクロウニ

猛毒扱いで危険扱いされているフクロウニ科の仲間。

棘の動き、殻がやわらかい!?、イイジマフクロウニ情報『分類、学名、大きさ(殻径)、生息地・生息域・分布域、豆知識』など、イイジマフクロウニの生態について書いてみました。

トックリガンガゼモドキ

出会うたびに、棘のしましま模様やお尻にあるイチゴ殻などの美しさで僕の目を奪ってしまうほどの魅力をかねそなえたガンガゼ科の仲間。

棘の構造『ジャバラ!?膜で保護!?かえしで抜けにくい!?』、イチゴ殻パンツがお好き!?徳利ガンガゼ情報『分類、学名、大きさ(殻径)、生息地・生息域・分布域、豆知識』など、トックリガンガゼモドキの生態について書いてみました。

ラッパウニ

ラッパのような特殊な形をした叉棘(さきょく)がきれいなラッパウニ科の仲間。

棘の美しさや動き・その魅力!?、叉棘の動きで癒される!?、毒に個人差がある。は誤解だった!?、『分類、学名、大きさ(殻径)、生息地・生息域・分布域、豆知識』など、ラッパウニの生態について書いてみました。

 

‹参考文献›
ウニ学
本川達雄(著)

‹参考文献›
ウニハンドブック
田中颯(著)

福島県いわき沿岸でみられた
寄生性巻貝クロイロヤドリニナ(短報)
藤田恒雄 論文
【イラスト提供】
京都大学白浜水族館

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事