「イトマキヒトデ」ヒトデ図鑑

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。


ヒトデ界の中で最も身近な存在
と言っても過言ではないイトマキヒトデさんについて、僕が伝えたい魅力や疑問について書いてみました。

罠を使って獲物を捕る?

イトマキヒトデの仲間は甲殻類が好きらしく、コエビ類、ヨコエビ類、小型のカニ類が胃の中からよく見つかるそうです。
参考資料:ヒトデガイドブック
_____佐波 征機, 入村 精一(著)

でも、甲殻類の仲間は動きが俊敏なので、追いかけて捕まえる事は不可能なはず…

一体どうやって捕まえているんだろう?と思い調べてみたらなんと、罠をしかけて捕獲をするとの事!!

その方法が本当に頭が良いんです♪
詳しくこちらの記事を見ていただましたらうれしいです。

腕の数が違う子がちらほらと

イトマキヒトデは基本『5本』の腕があるんですけど、よ~く探して見ると、腕の数が違う子に出会う事があります。

4本腕のイトマキヒトデ

4本しかない~
※腕が4本だと手裏剣みたいですね(笑)

6本腕のイトマキヒトデ
こちらは6本足なんですけど、ここまで来たら何か別の生きものに見えますね。

ちなみに7本足もいるとの情報がありますので、出会えたらぜひ、ここに載せたいな~。

こうやって腕違いの子がいないか探していると、『四葉のクローバーを探している時』みたいなワクワク感があって、見つけた時には幸せな気分になれるので、ぜひ海辺に行かれた時は探して見てくださいね。

4つ葉のクローバーならぬ『腕違いのイトマキヒトデを見つけると幸せが訪れる』そんな事があったら良いな♪

色違いもちらほらと

「イトマキヒトデ」ヒトデの仲間

基本は緑色に橙赤色(とうせきしょく)の斑紋がある子が多いけど、

色違いのイトマキヒトデ

青みがかった子もいれば、

色違いのイトマキヒトデ

全体的に赤みがかっている子もいます。
これも、色違いポケモンみたいで、
出会えるとうれしくなっちゃいます( ´艸`)

色違いコレクション一覧表

「イトマキヒトデ」ヒトデの仲間標準
色違いのイトマキヒトデ青色が多い
色違いのイトマキヒトデオレンジ色が多い
色違いのイトマキヒトデピンク色が多い
色違いのイトマキヒトデ紺色(こんいろ)?

色違いは何種類いるんだろう?

生息地が広いのはなんで!?

僕の大好きな浅瀬で普通に見られるこの子は、日本沿岸の岩礁地なら大抵どこにでもいる気がします。

なんでこんなにも多いのかな?って思った事がありまして、たぶん下に載せた写真がその理由ではないかと。

イトマキヒトデがクラゲを捕食している最中の写真なんですけど、何でも食べて好き嫌いが無い!ので、エサに困る事がなくどこでも生きていけるからたくさんいるんじゃないのかな~?

生きもの情報

‹和名›
イトマキヒトデ(糸巻海星)

‹分類›
アカヒトデ目
イトマキヒトデ科
イトマキヒトデ属

‹学名›
Patiria pectinifera

‹英名›
starfish

‹大きさ›
6cmほど

‹生息地›
北海道~九州
朝鮮半島
中国
潮間帯の潮だまりや浅い岩礁地

また新しい情報が入り次第、更新していきますね。

‹参考文献›
ヒトデガイドブック
佐波 征機(著)


それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル


Twitterでフォローしよう

おすすめの記事