「マヒトデ」ヒトデ図鑑
こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。 ヒトデガイドブックなどの図鑑やWikipediaの情報によると、日本沿岸でもっともふつうに見られるらしい。

今回はそんなマヒトデについて書いてみました。

ここで分かること

マヒトデが好むエサとは!?

食事方法は穴を掘る!?

分類、学名、大きさ、生息地、プチ情報

水面を見上げるのが好き!?

マヒトデを観察していると、腕の先っぽが反っていることが多い気がします。

 

マヒトデの目の位置・場所・数

ヒトデの腕の先には目(赤い点)があって視力は悪いですけど、構造物は見えるそうなので、周りの景色を確認しているのかな?それとも、天敵を警戒している?理由は分からないですけど、きっとマヒトデなりの考えがあるのかな~

なんでも食べる暴食屋!?

マヒトデは好き嫌いがないのか?と、僕が驚くようなものにまで手を出したりします。

えっ!それを食べるの!?と特に驚いたのがマナマコ

同じ棘皮動物の仲間でもあり、水底でのんびり暮らす平和主義者に覆(おお)いかぶさって襲うマヒトデ。

栄養はあるのだろうか!?

他にも棘皮動物繋がりで言うとウニも食べます。

 

ウニを捕食・襲うマヒトデ
こんな感じで徐々に覆いかぶさると、胃を反転させてウニにくっつけて消化して食べます。

詳しくは別記事『ヒトデの食事方法・動画で見てみよう♪』で紹介していますので、こちらも見ていただけましたらうれしいです♪

でも、マヒトデの1番好きな食べ物は他にあって、それは栄養価の高い『貝』だと思います。

でも、大好きな貝は他のエサと違い、普段は砂の中に隠れていて姿が見えないので探すのも一苦労…

ならばどうやって見つけているのか!?

それは貝が放出するアミノ酸などの化学物質を頼りにして探すのです。

そして、居場所が判明すると、僕たちが潮干狩りで貝を掘り出すように、器用に体を動かして、砂をせっせっせっせと掘って捕らえます。

なんと、30cmも深い砂の中に隠れていた貝を捕食した情報もあるみたいで、すごい執念ですね。

そんなマヒトデ驚きの食事方法については別記事『マヒトデの食事方法』をぜひ、ご覧ください!

徒競走なら負けないぜ!

ヒトデの足「管足」

ヒトデの仲間は管足(かんそく)と言う器官を使って移動をするのですが、マヒトデはその中でも特に速い部類だと思います。
※管足→伸びている透明なチューブのようなもので、これを足のように使います。

同じ棘皮動物の仲間であるムラサキウニやマナマコなどと比べると、倍くらい速いんじゃないか?と言っても大げさじゃないくらいに海底をスス~っと進みますので、見てて気持ち良いですよ~

マヒトデの生態『分類、学名、大きさ、生息地・生息域・分布域、豆知識』などの情報について

分類

マヒトデ目
マヒトデ科

学名

Asterias amurensis

大きさ

幅長15cmほどにもなる大型種

生息地・生息域・分布域

朝鮮半島
東シナ海
北海道~九州の潮間帯直下~水深150m
岩礁底や砂泥底に広く生息

豆知識

淡黄色や白色に不規則な青紫色や赤紫色の斑点があり、一様に黄色のものが多い。

マヒトデ以外のヒトデの情報や棘皮動物についてはこちらの記事もどうぞ!

‹参考文献›
ヒトデガイドブック
佐波 征機(著)

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事