ヒトデの器官イラスト

こんにちは、いのこ君(@nagisahiroi)です。

ここでは、僕なりにまとめたオリジナル『ヒトデ図鑑』を作っていきます。
※新しい写真や情報が手に入りましたら、更新をして追記していきます。知りたい事や調べて欲しい事、間違っている事がありましたらコメントや問い合わせで遠慮なく連絡を頂けるとうれしいです。

ここで分かる事
1.ヒトデの体のつくり
__(ヒトデの構造・各部の名称)
2.ヒトデの豆知識
3.ヒトデ図鑑(各種ヒトデの生態など)

ヒトデの体のつくり

目はどこにあるの?

ヒトデの目は、腕の先に1個ずつあり眼点(がんてん)と呼ばれています。

 

ヒトデの目の位置・場所・数

※黄色〇と矢印の部分。

黄色〇の中に見える『小さな赤い点が目』

 

ヒトデの目の位置・場所・数

こちらの方が赤い目がわかりやすいかも。

ちなみに僕は『光の明暗くらいは分かる』だろうなと思っていましたが、どうやら視力は悪いけど物を見る事が出来るらしいです。
‹参考記事›
ヒトデの目は見えていた!
‹出典›
ナショナルジオグラフィック日本版サイト

足はどこにあるの?動画でも確かめてみよう♪

足は管足(かんそく)と呼ばれ、腹側にあります。

 

ヒトデの足「管足」

びよよ~んと伸びている透明な管のようなものがそれです。

『他の器官は何があるの?』にあるイラストにも載っていますので確認してみてね♪

実際に、管足を使って歩いている様子を撮影しましたので一緒に動画で観察してみましょう!

裏側から観察してみると管足が透き通ってみえるため、ビックリするくらい幻想的なので注目です!

0:00~_横側からの撮影
0:35~_裏側からの撮影

口はどこにあるの?

口は腹側の中心にあります。
※黄色○内の中心部分

ヒトデの口の位置・場所ヒトデの口の位置・場所

ちなみに、口から胃を出していると

 

ヒトデの口の位置・場所
ヒトデの食事方法「反転胃」

こんな感じになります。
※黄色〇内のブヨブヨしているのが胃

詳しくは豆知識の『ヒトデの食事方法』に動画を載せてありますので、見ていただけるとうれしいです。

『他の器官は何があるの?』にイラストもありますので見てね♪

お尻(肛門)はどこにあるの?

お尻(肛門)は背中側の真ん中にあります。

詳しくは次の項目内にあるイラストを見てね♪

他に器官は何があるの?

他に『生殖巣』『多孔板』などがあり、それぞれの位置はイラストを見て確認できます。

ヒトデの器官イラスト

ヒトデ豆知識

ヒトデの食事方法を動画で見てみよう♪

ヒトデの食事方法は2つ

『飲みこみ型』
全てのヒトデ類にみられ、特にモミジガイ目がとる食事方法です。

『反転胃型』
アカヒトデ目、ルソンヒトデ目、マヒトデ目がとる食事方法で

ヒトデの食事方法「反転胃」イラスト

ヒトデの食事方法「反転胃」イラスト

胃を体の外に出して食べるなんてすごい!!

その胃を口から出している動画を撮影してみましたので、見ていただけるとうれしいです。

 


ヒトデは危険を感じると、管足を海底にビタッとくっつきます。

この状態で無理に引きはがそうとすると、管足がブチっとちぎれてしまうなど痛めてしまう可能性が高くなります。

なので、腹側を観察するときは、『ヒトデが油断している=吸着力が弱いとき』を狙ってさっと、ひっくり返してあげてくださいね。

罠を使って獲物を捕る?※2

ヒトデの中には、その体系を活かして捕獲を試みる子がいます。

それが『イトマキヒトデの仲間』で、彼らは甲殻類が好きなのかコエビ類、ヨコエビ類、小型のカニ類が胃の中からよく見つかるそうです。

でも、甲殻類の中は動きが俊敏なので追いかけて捕まえる事は不可能なはず…一体どうやって捕まえているんだろう?と思い調べてみたらなんと、罠を仕掛けて捕獲をするとの事!!

その方法が本当に頭が良いんです♪詳しくはこちらを見て頂けるとうれしいです。

マヒトデは穴掘り&貝採り名人?※2

マヒトデやニッポンヒトデは砂の中に隠れているアサリなどの貝類をものの見事に掘り当てる事ができるんです。

なんで、姿の見えない貝の場所が分かるの?と思い調べてみると、どうやら貝類が出すアミノ酸などの化学物質を頼りに居場所を探しているみたい。

詳しくはこちらを見て頂けるとうれしいです。

皮鰓(ひさい)を使って呼吸する?

ヒトデの背中側を観察すると、皮鰓(ひさい)と呼ばれる器官を見れる時があります。

 

ヒトデの皮鰓(ひさい)

皮鰓が出ている状態のイトマキヒトデ。

もう少し近づいて見ると、

 

ヒトデの皮鰓(ひさい)
ヒトデの皮鰓(ひさい)

見た目は短い管足みたいですね。

皮鰓は呼吸に関係する器官と言われています。

この皮鰓に手がふれてしまった。
フィンキックで出来た水流が当たった。など

少しでも刺激や危険を感じると引っ込めてしまうので、驚かさないように気にしてあげてくださいね。

子孫を残す(子づくり)方法

ヒトデの仲間が子孫を残す方法は多様。

雌雄異体(オスとメスがある)の種類
卵と精子を海中に放出し、体外受精
雌雄同体の種類
・自家受精
・単為生殖
・分裂や自切による無性生殖 など

様々な繁殖戦略を使って、環境に適応して子孫を残そうと努力を積み重ねているんですね。

放精・放卵の涙ぐましい努力!?

雌雄異体の種類のヒトデたちは繁殖期になり放精・放卵を行う際には、腕を使っ体をぐぐっと持ち上げてから海中に放出します。
ヒトデの産卵行動「放精・放卵」のイラスト
少しでも遠くに精子や卵が潮の流れにのって運ばれていきますように・・・

そんなヒトデの気持ち?が感じ取れる行動ですね。

ヒトデの産卵行動「放精・放卵」
ヒトデの産卵行動「放精・放卵」

ヒトデのがんばる姿がここにあり!

神秘的な放卵を動画で見てみよう!

ワイラニ株式会社代表の森健司様から貴重な動画をお借りしましたので、ぜひご覧ください。

アカヒトデ放卵動画の注意点について
こちらの放卵動画の著作権等はワイラニ株式会社に帰属します。ワイラニ株式会社代表森健司様の許可なく複製、複写、転載、ファイル化、可変および販売・出版・放送等に利用することを禁じます。

神秘的な放精を動画で見てみよう!

こちらの放精の様子が見られる貴重なオオアカヒトデの動画はアクアティック・プロ代表大西敏郎様からお借りしました。(1分ごろから放精が始まります。)



オオアカヒトデ放精動画の注意点について
こちらの放精動画の著作権等はアクアティック・プロに帰属します。アクアティック・プロ代表大西敏郎様の許可なく複製、複写、転載、ファイル化、可変および販売・出版・放送等に利用することを禁じます。

餌は匂いで探す!?※1

『目はどこにあるの?』の項目で書いたように、ヒトデの視力はあまりよろしくないようです。では、どうやって餌を探しているの?と疑問がわいてきますが、その答えは『匂い』です。

ある海洋生物学者実験の結果により判明したのですが、ヒトデは水中に漂う匂いを感じる感覚器を使って、餌のある場所を探しています。そして、この匂いを嗅ぐ感覚器はヒトデの体表全体に分布していると考えられています。
(※イギリスの海洋生物学者カスティラさん)
さらに驚きの事実があって、なんと、匂いを嗅ぐだけで好きな食べ物か嫌いな食べ物かまで嗅ぎ分ける事が出来る。みたいです。

匂いを辿って探せる範囲※1

ヒトデはどれほどの距離から餌がいる場所を感知できるのか?ヒラミモジガイを対象に行った実験結果より、(※巻貝や二枚貝を食べるモミジガイ属の仲間)

‹ヒラモミジガイの場合›
自分を中心とした直径15cm以内の範囲にある餌がいる場所を感知する事が出来る。

と言う事が分かったそうです。ヒトデの種類によって、餌がいる場所を感知できる範囲に違いがある可能性はありますが、いずれにしてもそんなに変わらない範囲を探せるのではないかと考えられています。

ヒトデ図鑑

あ行

アカヒトデ

イトマキヒトデ

ま行

マヒトデ

【参考文献】

‹参考文献›
ヒトデ学
本川達雄(著)


‹参考文献›
ヒトデガイドブック
佐波 征機(著)

【イラスト提供】
京都大学白浜水族館

それでは、ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございました。また別の記事や動画でお会いしましょう!

最後に、励みになりますので下のランキングをポチッと押して応援していただけましたらうれしいです。


人気ブログランキング

各種SNSもやっています♪

写真やショート動画の更新はインスタグラム

ブログの更新情報はツイッター

ロング動画はYouTubeチャンネル

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事